相談LINE 記事一覧

2017年3月22日

つまみ食いは犯罪?ショートケーキの場合、イチゴとそれ以外では罪の重さは違う? (3月22日 19時00分)
「イチゴののっていないショートケーキは果たしてショートケーキと呼べるだろうか」ーーそれほどショートケーキにとって欠かせない存在、もはやシンボルといっても過言ではないイチゴだが、もしもそんなショートケー...

2017年3月21日

相続税の申告期限を過ぎても小規模宅地の特例を受けることは可能?要件は? (3月21日 19時00分)
前回も申し上げましたが、相続税の申告義務は、相続財産の総額が相続税の基礎控除を超える場合に発生します。ここで誤解が多いのは、相続税を計算した結果、相続税が産出されず納税額が出ない場合にも、申告義務がな...

2017年3月17日

死亡届を役所に提出すると、その後税務署にも通知される。ということは…? (3月17日 19時00分)
平成27年1月1日から、相続税の課税最低限である基礎控除が6割に縮減するなどした大増税の関係で、相続税の申告をしなければならない方が非常に増えています。この点、国税も非常に神経を使っているようで、相続...

2017年3月15日

「もしかしてこれってパワハラ?」ーーそんな時はどこに相談すればいい? (3月15日 19時00分)
平成に24年度に厚生労働省のワーキンググループが定義して以来、わずか5年ですっかり定着してしまった「パワハラ」。そのおかげもあってか、パワハラがどんな行為に該当するか理解できている人は多いだろう。しか...

2017年3月13日

自主修正で回避が可能な重加算税。脱税の場合でも回避可能な手段はある? (3月13日 19時00分)
不正取引に該当する場合に課される重加算税は、実は簡単にそれを免れることができます。その方法は、このコラムでも申し上げている通り、税務調査が入る前に、修正申告をする(自主修正)です。自主修正をすると重加...

2017年3月10日

不正取引に対するペナルティとして課税される「重加算税」の要件とは? (3月10日 20時00分)
税務調査で売上除外などの不正取引が見つかった場合、本来納付すべき税金に加えて、不正取引に対するペナルティーとして、35%ないし40%の重加算税が課税されます。この重加算税ですが、一般的には不正取引に対...

2017年3月6日

今さら聞けない「確定拠出年金」のメリットとデメリットを税理士が解説! (3月6日 19時00分)
あまり知られていない節税として、確定拠出年金制度の利用があります。この制度は、国や企業が運用に責任を持つ公的年金や企業年金などの年金制度と異なり、加入者自身が資産を運用する年金制度をいいます。加入者自...

2017年3月3日

100万円をクレジットカード納税した場合にかかる手数料は◯◯◯◯円! (3月3日 19時00分)
平成29年から、クレジットカードによる国税の納税ができるようになりました。対象となる税目は、所得税や贈与税など個人に関する税金だけではなく、法人税など会社の税金についても納付できます。クレジットカード...

2017年3月1日

【交通事故】過去の判例で過失割合が決まるなら弁護士には何が求められる? (3月1日 19時00分)
人工知能によって取って代わる可能性が高いと言われている弁護士。そしてその中でも特に可能性が高い分野は「過払い金返還請求」と「交通事故」である。例えば過払い金返還請求は、既に過払い金計算機のようなものが...

2017年2月27日

債務免除益の計上時期の落とし穴とは(松嶋洋) (2月27日 21時00分)
関係会社との取引に多いですが、債務超過の関係会社に対する貸付金などについて、回収の見込みがないことから債務免除を行う、ということがあります。この債務免除ですが、債務という負担を軽減されたという利益があ...

2017年2月24日

消滅時効が完成しても貸し倒れにはならない?(松嶋洋) (2月24日 21時00分)
民法上、時効という制度があります。これは、ある事実が一定期間が経過したことをもって、その事実が法律上有効になるという制度を言います。いつまでたっても法律上の効果が確定しないと、取引が不安定になることか...