巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

年間依頼件数が1万件! 時代の変化に対応する「小さなお葬式」って?

「小さなお葬式」の中でも、依頼者数が一番多いのは通夜式・告別式を行わない「小さな火葬式」総額17万8千円(税込)。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

「お葬式の相場っていくら?」
「安心して故人を送りたいけど、費用を抑えたい」
一生のうちで数回しか関わらないお葬式。よく分からないからこそ、不安や疑問が多い。

そんな中、葬祭業界に新風を巻き起こした「お葬式」がある。葬儀の全費用が追加料金なしで低価格。年間の依頼件数が1万件を超えるという、「小さなお葬式」だ。「小さなお葬式」を運営する株式会社ユニクエスト・オンライン、代表取締役の田中智也さんに、最近の葬式事情などについて聞いた。

――以前は、盛大に故人を送り出すという葬式が多かったように思うが、最近はどのような葬式が求められているのだろうか?
「葬儀の規模は、急速に小規模化へと進んでいます。規模というのは、親族の参加人数に、会葬者(参列者)の参加人数で決まりますが、時代の流れとともに高齢化で近所付き合いが希薄化し、ご近所へのお声がけを敬遠される方も少なくありません。また、核家族化で葬儀にかけられる予算が減少し、大規模な葬儀が消費者の負担になっているのが現状です。近年までは、予期せぬ死に対し、残された遺族の心に整理をつけるための役割が大きかったと考えますが、現在は、医療・介護の進歩により、死を迎えるまでに心の整理をつける方が増えてきて、葬儀に対する考え方が変化したことも、小規模化の要因に挙げられると思います」

通常、規模にもよるが葬儀や葬式は、寺院の僧侶を招き、通夜と告別式を行い、2日で約100万円以上を費やすという。
関連キーワード

2012年7月30日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品