巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

わずか87日間の全力の“猫生”が本に。『ありがとう! わさびちゃん』

このエントリーをはてなブックマークに追加

表紙にはTwitter界での人気が加速した、愛らしい“たらこわさび”姿が。小学館刊『ありがとう! わさびちゃん』(1050円・税込)

[拡大写真]

今年の6月2日、カラスに襲われ重傷を負った子猫が保護された。顎は粉砕骨折、顎の内側にも穴を空けられ、舌が裂けた状態だった生後2~3週間の子猫。一命は取り止めたものの、自分で食事ができる状態ではなく、保護主がカテーテルで2時間おきにミルクを与えることに……。一時は里親を探すためにTwitterのアカウントを開設したものの、保護主の“父さん、母さん”は子猫を家族の一員として迎え入れることに決めた。命名は「わさび」。

わさびちゃんの毎日を綴ったTwitterアカウントでは、治療の様子はもちろん、カテーテル給餌を嫌がるわさびちゃんがケガをしないよう、“おばあちゃん”が考案した愛らしいおくるみを身に着けた姿などが公開され、フォロアー数が一気に万単位に膨れ上がった。少しずつ体重が増え、ケガが癒えていく様子を、約11万人(8月末時点)にも登るTwitterやinstaglamのユーザーたちが見守った。しかし7月末ごろからてんかんの発作と思われる症状が頻繁に表れるようになったわさびちゃんは、8月26日に症状が急変。27日には集中治療の甲斐なく虹の橋を渡ってしまった。

保護されてからわずか87日間という短い時間を全力で生きたわさびちゃんの書籍『ありがとう! わさびちゃん』(小学館刊、1050円・税込)がこのたび出版された。
Twitterには掲載されなかったものも含む父さん、母さん撮影の秘蔵写真コレクションでは、同じく家族の一員であるゴールデンレトリーバーのぽんずちゃん、セキセイインコのぼーちゃんとの仲睦まじいショットのほか、ゆかた風やマーメイド風などおくるみのバリエーションも公開。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2013年10月17日 07時00分

注目の商品