ノンスタ井上、ネット新番組中止・生放送欠席・バラエティ特番出演カットへ

ノンスタ井上が当て逃げ?活動自粛へ 芸能界にも波紋広がる

11日夜、人気お笑いコンビNON STYLEの井上裕介(36)が乗用車を運転中にタクシーと衝突。そのまま逃走したことが発覚した。本人は「事故の認識はなかった」と説明しているようだが、ポジティブキャラの人気芸人として活躍していた井上だけに、今回の事件には、一般人のみならず芸能界にも波紋が広がっている。

ノンスタ井上が当て逃げ?本人は事故の認識なかったと説明か

人気お笑いコンビNON STYLEの井上裕介(36)が11日午後11時45分ごろ、乗用車を運転中にタクシーを追い越そうとしたところ衝突、そのまま逃走したことが発覚した。相手の運転手はねん挫するなど全治2週間のけがを負ったという。

この報道がされる前の12日月曜日の時点で、レギュラー出演しているTOKYO MXのバラエティー番組「ひるキュン!」(月~金曜・正午)の出演をすでに取りやめていた井上。その理由を番組MCである田中みな実は「のっぴきならぬ事情でお休みです」と説明したが、まさにこの「当て逃げ」が絡んでいたようで、田中みな実は昨日の番組終了後にスタッフから事故について報告されたという。

井上は「タクシーの前に入ろうとしてぶつかった。事故を起こしたことを世間に知られたら大変になると思った」と話し、「当て逃げ」であると当初は報道されていた。しかし、スポニチなどの報道によると、井上の所属事務所・よしもとクリエイティブ・エージェンシーは「(後ろの車に)触れたような感覚はあったが、(誰にも)止められなかったので、そのまま帰ったところ、警察から呼び出しを受けた」とし、事故という認識がなかったと説明しているとのこと。井上の供述については「警察から“これが分かったら大変なことになると思いますよね?”と言われ“そうですね”と答えたら、そういう話が出た」と、誘導尋問があったことを匂わせているようだ。

いずれにしても接触事故を起こしてしまったことは事実。井上は所属事務所を通じ、マスコミ各社にファックスを送信。「その場でよく確認すべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません。誠意をもって対応してまいりたい」と謝罪した。

活動自粛に出演カットも 芸能界に波紋広がる

今回の事故を受け、井上は処分決定まで活動を自粛することが決定した。

芸人にとって「繁忙期」である年末年始。サンケイスポーツによると、井上は12日にラジオ・テレビの生番組2本に出演予定だったが、キャンセル。今後は14日に東京・新宿のルミネtheよしもとの公演、18日にフジテレビ系「THE MANZAI2016」に出演予定だが、事務所は今後の仕事や会見については「未定」と説明。13日以降も被害者への謝罪など、事故への対応を優先するといい、テレビ各局は対応に追われているようだ。

この事故には、芸能界でも波紋が広がっている。日本テレビ「スッキリ!!」でMCを務める加藤浩次(47)は「『何してんだよ』と事務所の後輩として言いたいですね。なんでその場から立ち去るんだと。(車で)当てたのなら、その場でちゃんと話をして、どういう事故だったのか警察を呼んでやるべきだ」と井上を非難。

同番組MCのハリセンボンの近藤春菜(33)も「車を乗っている限りは事故を起こしかねない、事故を起こしてしまって、パニックになっちゃったとしてもそこで、ちゃんと対応するべきで、なんで逃げてしまったのか」とコメントした。

一方で、Twitterでの炎上が「お家芸」のウーマンラッシュアワー村本大輔(36)は、Twitter上で「井上を責める権利は誰にもない」と持論を展開。物議を醸している。


世間からの声は厳しかった!相方への同情も

「ブサイクキャラ」で、「ナルシストだけどポジティブでいい人」というイメージが強かった井上だけに、今回の報道には衝撃が走っているようだ。真実はどうであれ、「当て逃げ」を起こしたと報道されてしまえば、人間性に疑問が浮かぶのも無理はない。もし復帰しても、今後はこれまでのようなキャラクターでメディアに露出するのは難しいのではないだろうか。

また、コンビであるがゆえに自身の仕事にまで影響が及ぼされるであろう、相方の石田に対しても同情の声が広がっている。