今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

ソルバルウってこんな高く飛んでたの!? 3DSで遊ぶ「ゼビウス」の衝撃

2011年6月10日 11時00分 ライター情報:池谷勇人

この立体感をどうにか写真で伝えたい……と思ったけど無理だったよ! ちなみに3DSはワイド画面なので、画面の両端に「雲」が表示されるようになってます。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

いまさら「ゼビウス」かー、とか思いながら遊んでみたら、いきなり「ええええ!」ってなった。

「ソルバルウって、こんな高いところを飛んでたのか!」

「ゼビウス」と出会ってかれこれ25年以上になるけど、はじめて知った。僕のなかでは、ソルバルウってもっと地表スレスレを、なぞるように飛んでるイメージだったのだ。

6月7日のアップデートで、ニンテンドー3DSのメニューに新しく「ニンテンドーeショップ」が追加された。インターネットを通じて、昔のゲームボーイ用ソフトをダウンロードして遊んだり(バーチャルコンソール)、ここでしか買えない「ダウンロードソフト」を購入したりできる。今までニンテンドーDSiで配信されていた「ニンテンドーDSiウェア」も利用可能だ。

中でもちょっとした目玉が、往年の名作クラシックゲームを「3D対応」にしてリメイクした「3Dクラシックス」というシリーズ。冒頭で書いた「ゼビウス」もその1本で、ほかにもファミコンの名作「エキサイトバイク」が配信中。ちなみに「ゼビウス」は600円で、「エキサイトバイク」の方はeショップオープン記念で、7月31日まで無料となってます。

ハナシを「ゼビウス」に戻すと、基本的なゲーム内容や、懐かしいドット絵などはすべてアーケード版のまま。ただし「3D対応」になったことで、画面に奥行きができた。変わった点といえばそれだけなんだけど、それだけでけっこう新しい驚きや発見がある。

たとえば冒頭で書いたとおり、一番驚いたのはソルバルウがちゃんと「空を飛んでる」こと。立体度は3Dスライダーでいつでも調整できるので、思いきって全開にしてみると、地面がぎゅいーんって離れていって、ソルバルウがすっごい高高度で飛んでるように見える! あんまり全開にしても見にくくなるけど、この「高さにクラクラする感じ」はちょっとクセになる。

眼下に広がる地上絵や、くるくる回転しながら飛来するバキュラなんかも、奥行きが加わるだけでまったく印象が違って見える。面白いもので、「低さ」がわかると、見慣れた地上絵がいつもよりずっと巨大に見えるんだよ! あと3Dで見てビックリしたのがブラスターの照準。あれってずっと「空中に浮かんでる」ものだとと思ってたけど、まさか地表にぺったり照射されてるものだったとは知らなかった。

考えてみれば「ゼビウス」も「エキサイトバイク」も、まだポリゴンも何もない時代に「立体の空間」を表現していたゲームだった。

ライター情報

池谷勇人

ゲーム業界を中心に活動するフリーライター、でしたが、2012年にITmediaへ入社。現在はゆるふわニュースサイト「ねとらぼ」で記者をしております。

URL:Twitter:@tekken8810

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品