ボディクリームのおすすめ13選|保湿力と気持ちよい使用感で選ぶ

ボディクリームのおすすめ13選!保湿力と気持ちよい使用感で選ぶ

身体の乾燥にはボディクリームが一番ですが、おすすめアイテムがわからずに苦労している人は多いはずです。

肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下することはもちろん、気分も下がってしまうので良いことはひとつもありません。

この記事の見どころ

今回は保湿力を当たり前として香料や気持ちいい使用感にもこだわっておすすめのボディクリームを選定しました。


目的別に紹介&解説しているのでわかりやすく、プレゼント用にボディクリームを買いたい人にもぜひ読んでもらいたい内容になっています。 

LAURIER BEAUTY編集部

※本記事でいう「美白」とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと(医薬部外品)をいいます。
※本記事でいう「シミ」とは日焼けによるものをいいます。
※本記事でいう「引き締め」とはマッサージ効果によるものをいいます。
※アレルギーテスト済みでも全ての方にアレルギーが起きないわけではありません。

この記事を書いた人
スキンケア監修・情報提供 松山 千佳

スキンケア商品の製品開発に携わっていました。携わった会社は合計4社で、様々な観点からそれぞれの人や環境にあったスキンケアについて話せます。数回のテレビ出演・雑誌掲載経験があります。

松山 千佳のプロフィール

1.ボディクリームのおすすめな選び方6つ

自分に合ったボディクリームを探すには少しのコツが必要。
そこで様々なイチオシアイテムをチェックする前に、重要なおすすめの選び方をご紹介します。

1-1.自分の肌タイプに合わせて選ぶ

肌に手を当てる女性

ボディクリームを選ぶ前に確認しておきたいのは自分の肌タイプが何かということ。
うるおいが足りなくてカサカサしがちな乾燥肌に近いのか、テカテカ・ベトベトしてしまうオイリー肌に近いのかをチェックしてみてください。

また、肌が荒れたり刺激を受けやすい敏感肌かどうかということも重要。
これらがミックスされていることもあるので判断は難しいかもしれませんが、肌タイプによっておすすめのボディクリームのタイプも変わってくるのでしっかり把握しておくことがポイントです。

下記の表にそれぞれの肌タイプにおすすめなアイテムの特徴をまとめたので参考にしてみてください。

乾燥肌オイリー肌敏感肌
特にセラミド配合のアイテムがおすすめ。特にビタミンC誘導体配合のアイテムがおすすめ。低刺激性(添加物不使用)のアイテムがおすすめ。

1-2.保湿成分配合で選ぶ

保湿成分

ボディクリームを探している人が求めているのはうるおい効果。
乾燥が気になる人は保湿成分が配合されているアイテムを優先して選ぶことが重要です。

代表的な保湿成分はコラーゲン・ヒアルロン酸・ホホバオイル・オリーブオイルなど、後半の2つは油性の成分ですが、水分と油分のバランスはとても大切なので、自分の肌に馴染むものを選べたらスキンケアが大きく前進します。

目安としてはオイリー肌の人は油分が少なめのアイテムを選んで、乾燥気味の人は油分も含めて保湿成分がたっぷり配合されているアイテムを選ぶことをおすすめします。

1-3.使い続けられる使用感と香りで選ぶ

クリームの使用感を確かめる手

次にチェックしてもらいたいところは商品を試してみた使用感。
使用感と保湿力に関係はありませんがサラサラ系やしっとり系といったタイプの違いは使い続ける上で重要な要素のひとつになってきます。

使用感が自分に合わないものを我慢して使っていても、継続モチベーションが下がりやすくなってしまうので非常に良くありません。
スキンケアアイテムは使い続けることに意味があるので、使い心地も大事なポイントとして考えていきましょう。

また香りも大切な要素となっていて、自分好み香り付きアイテムがGETできればリラックス効果でケアタイムを有意義に過ごすことができます。
香りが苦手な人は無香料のアイテムを選ぶように心がけてください。

1-4.自分が重視する目的に合うものを選ぶ

ボディクリームを塗る女性の足

忘れてはいけない大事な項目として自分の目的に合ったボディクリームを選ぶということも挙げられます。
自分の肌をどう変えていきたいか、どういうケアをしたいかで必然的に相性の良いアイテムが絞られてくるのでしっかり検討していきましょう。

例えば美白ケアを目的にしている人は、メラニンなどに作用してシミやそばかすを減らしてくれる美白効果を持ったボディクリームがおすすめです。

保湿効果や使用感ではアイテムが絞り切れないという人も、自分の求めているものをもう一度確認することで欲しいアイテムに一気に近づくことができるので試してみてください。

1-5.季節ごとに選ぶ

白衣の女性

商品の直接的な効果ではなく季節によって使い分けるというのもポイントになってくる選び方です。
特にボディクリームは身体に使うものなので、季節の影響を受けやすいアイテムと言えるため、季節による向き不向きを正しく理解する必要が出てきます。

例を挙げると夏に向いているものはサラッとしたテクスチャーでベタつかないもの、逆に乾燥しやすい冬はしっとりとうるおう高保湿のものが向いています。
好みの使用感というのもあると思うので簡単には決まらないと思いますが、ぜひ参考にしてください。

また、さらに細かいところでいうと香りを変えるのもおすすめです。
夏は柑橘系などの爽やかな香りを楽しみ、冬はローズなど贅沢な香りに癒されるというのも良い選び方かもしれません。こちらはかなり好みが影響する要素なので、自分好みを追及するのが一番です。

1-6.価格相場と買うべき値段をチェック

貯金箱

ボディクリームに限ったことではありませんが、価格帯によって商品の特徴が変わってくるので値段のチェックも大切な選び方ポイントになってきます。
下記にそれぞれの価格帯の特徴をまとめたので比較しながら確認してください。

最安値価格帯(数百円)売れ筋価格帯(数千円)高級価格帯(数万円)
薬局でも手に入りやすく効果もしっかり期待できる。個性的なアイテムが多く自分に合ったものが選びやすい価格帯。素材にこだわったオリジナリティ溢れるアイテムが多数存在。

2.編集部がおすすめのボディクリーム

今一番おすすめなのが、シンプルな配合成分によって純粋な効果が期待できる「ママバター フェイス&ボディクリーム」。

シンプルな分、複数ニーズに応えてくれる多様性はありませんが、保湿を望んでいる人には最適なアイテムとなっています。

今回、ボディクリームをチェックしていく上で選定したポイントは内容量・保湿成分・香料の3つです。
どの項目もベーシックに求められる要素なので、これらを各商品で比較しながら自分の理想のアイテムを探していきましょう。

  • 内容量
  • 保湿成分
  • 香料

ママバター フェイス&ボディクリーム(SINCERE GARDEN)

価格(税込) / 容量1,320円(税込) / 25g
2,310円(税込) / 60g

身体はもちろん顔にも使える天然シアバタークリーム

ママバター フェイス&ボディクリーム」は、古くから保湿アイテムとして愛されてきたシアバターを使用したのがこのボディクリームの最大の特徴であり魅力。

シアバターはシアーバターノキからとれる種子が原料の植物性脂肪で、人の皮脂に性質が近いのでしっかりと肌に馴染む利点を持っています。
このため皮脂のかわりに肌の水分蒸発を防いでくれるため、乾燥肌との相性はピッタリと言えます。

しかも天然ということで完全無添加で肌にやさしいというのもポイント。
ただ、天然なので商品ごとに香りや使用感に違いがあるという特徴も持っています。
当然保存料も使用していないので、その点は頭に入れておきましょう。

また、このアイテムの特徴として身体以外にも顔まで使えるというものがあります。
これだけでもうれしいポイントですが、さらにリップクリームとしても使えるので使用範囲で言ってもトップクラスのアイテムです。

このアイテムの水分蒸発を防ぐ特性上、化粧水や美容液の後に使うことでより効果が高まるので、お気に入りアイテムと合わせて使ってください。

シア脂

3.お肌に潤いを補給できるおすすめなボディクリーム2選

最初に紹介する4選は、ボディクリームで多くの人から求められているうるおい補給ができるアイテム。
当然、保湿成分を配合しているアイテム達が登場するわけですが、それぞれに特徴のある魅力を持っているのでバリエーションは豊富です。

他にはない成分・こだわりぬかれた香りなど、それぞれのアイテムの特性をしっかり理解して自分の理想に近いボディクリームを探し出してください。

ボディクリーム(MIEUX LUXGEOUS)

価格(税込) / 容量2,728円(税込) / 160g

香りを楽しみ保湿を実感したい人はこのボディクリームがベスト

MIEUX LUXGEOUS ボディクリーム」は、天然香料など50種類以上の香りをブレンドしたことによる香水レベルの豊かな香りと、たくさんの保湿成分によるうるおい効果が魅力のボディクリーム。
伸びが良くてベタつかないという使用感も使いやすくて高評価です。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿成分を含む15種類の美容成分に8種類のオイル、さらに5種類の天然植物エキスまで配合したたっぷり成分が魅力。
様々な角度から肌に良いアプローチをしてくれます。

また、最大の特徴である香りはフルーティーな香りからバニラの香りに変わるという特別なものになっています。
高保湿でありつつレベルの高い香りにとことんこだわりたいならこのアイテムは必ずチェックしておきましょう。

ベタつかない使用感についても好印象が多いのでこのアイテムでリラックスタイムを追及するのもありです。

水,DPG,トレハロース,ヒマワリ種子油,グリセリン,(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー,イソヘキサデカン,野菜油,マカデミア種子油,シア脂,ホホバ種子油,バオバブ種子油,アルガニアスピノサ核油,ヤシ油,アロエベラ液汁,加水分解コラーゲン,アセチルヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,マンダリンオレンジ果皮エキス,オタネニンジン根エキス,加水分解エラスチン,カミツレ花エキス,トウキンセンカ花エキス,セージ葉エキス,ローズマリー葉エキス,ラベンダー花エキス,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,ヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,プラセンタエキス,スクワラン,α-アルブチン,フラーレン,セラミド1,セラミド3,セラミド6Ⅱ,フィトスフィンゴシン,ポリソルベート80,クエン酸,クエン酸Na,BG,ミツロウ,エタノール,ペンチレングリコール,PVP,ラウロイルラクチレートNa,コレステロール,キサンタンガム,カルボマー,ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル,フェノキシエタノール,香料

グーテナハト ボディクリーム(クナイプ)

価格(税込) / 容量1,320円(税込) / 200mL

ホップとバレリアンでリラックス!シアバターで保湿ケア

グーテナハト ボディクリーム」は、保湿効果と安眠効果が期待できる夜使用におすすめなボディクリームです。
肌の生まれ変わりは眠っている時に行われるので、肌のことをしっかりと考えられているとても良いアイテムと言えます。

入眠・安眠作用のあるハーブの“ホップ”と“バレリアン”を配合しつつ、保湿効果のある“スイートアーモンド”と保湿保護効果のある“シアバター”で仕上げたボディクリーム。
もちろん、その他にも肌に良い植物由来成分をしっかり配合しています。

保湿はきちんとできますが安眠効果もあるということで夜の使用がおすすめ。
乾燥に加えて寝つきが悪いという悩みも持っている人は試す価値が大いにあります。
自然の香りに癒されながら心地よく眠りにつきましょう。

サラッとしたテクスチャも特徴なので、しっとりした使用感が苦手な人は良くチェックしておいてください。

水,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,グリセリン,アーモンド油,パンテノール,酢酸トコフェロール,ベタイン,ミリスチン酸イソプロピル,ジスターチリン酸Na,オリーブ油脂肪酸セテアリル,野菜油,オリーブ油脂肪酸ソルビタン,シア脂,カプリリルグリコール,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,香料,コウスイガヤ油,アルギニン,p-アニス酸,ラベンダー油,ラバンデュラハイブリダ油,パチョリ油,ラベンダーエキス,トコフェロール,ヒロハラベンダー花油,ユーカリ葉油,ヒマワリ種子油,ホップ球果エキス,ラバンデュラハイブリダエキス,セイヨウカノコソウ根エキス

4.プラスαなおすすめボディクリーム3選

ボディクリームに色々な要望がある人はこの項目をチェック。
基本的な効果にプラスαの要素を持ったアイテム3つをまとめたので読み応え十分です。

オールインワンアイテムからマッサージに効果的なアイテム、さらに代謝アップアイテムまで色々な個性を持ったボディクリームを揃えたので、自分の求めているものを確認していってください。

ボディクリーム(3S)

価格(税込) / 容量8,800円(税込) / 200g

1本で4つの効果が味わえるオールインワンボディクリーム!

3S ボディクリーム」は、たるみ・デコボコ肌・モイスチャーケアに加え、マッサージと合わせることで、引き締めケアまで行える1本で4役もこなしてくれるのがこのボディクリームの魅力であり+α要素。

ドイツの神聖な森に湧き出る“ブラックフォレストウォーター”を配合しており、肌の乾燥を防いでくれるのはもちろん、マッサージと併用することで脂肪燃焼をサポートしてくれる“イソフラボン”や“カルニチン”といった成分を配合。

なめらか肌をサポートしてくれる成分も配合されているので、マッサージをしながら肌をケアしていきたい人におすすめとなっています。

このアイテムを使った最適なマッサージ方法は公式サイトで紹介しているので、興味がある人はまずそちらからチェックしましょう。

マッサージと合わせることで効果が高まるアイテムなので、どちらもサボらずに続けることがポイントです。

水,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ,グリセリン,安息香酸アルキル(C12-15),PPG-15,ステアリル,ポリソルベート80,PEG/PPG-25/25ジメチコン,コンフリー根細胞エキス,ダイズイソフラボン、スピルリナプラテンシスエキス,パンテノール,レシチン,カルニチン,ラウレス-9,乳酸メンチル、水酸化Na,シクロヘキサシロキサン,アラントイン,カフェイン,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,シクロペンタシロキサン,EDTA-2Na,キサンタンガム,エタノール,フェノキシエタノール,1,2-ヘキサンジオール,カプリリルグリコール,香料

ミネラルボディクリーム(Si BODY)

価格(税込) / 容量5,500円(税込) / 200g

Si BODY ミネラルボディクリーム」は、スリミング・代謝アップ・うるおい成分をバランス良く配合

引き締め効果と代謝アップ効果、そしてうるおい効果をバランス良く備えているのがこのボディクリームの長所。
身体を引き締めてしっとりツヤ肌を手に入れるサポートをしてくれるので、総合的な効果を求める人は要チェックなアイテムです。

脂肪排除と抗酸化作用のある“ブドウつるエキス”が配合されてるだけでなく、ヒアルロン酸の17倍の効果がある“ヒアロベール”もうるおい効果を与えてくれます。

パラベン・アルコール・鉱物油・合成着色料フリーなので敏感肌の人にもおすすめ。
肌へのやさしさにもこだわってくれている信頼できるアイテムです。
これだけ色々揃っているのに入浴後に塗るだけというシンプルさも利点と言えます。

伸びよくベタつかない使用感なので、必要な要素はひと通り備えていると思って問題ありません。

水,グリセリン,BG,パルミチン酸エチルヘキシル,ペンチレングリコール,ジグリセリン,ポリソルベート60,ベヘニルアルコール,マカデミアナッツ油,シア脂,ブドウつるエキス,レスペデザエキス,ウルバラクツカエキス,コンブレタムミクランサム葉エキス,グリチルリチン酸アンモニウム,コハク酸2Na,ナイアシンアミド,トレオニン,加水分解コラーゲン,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,レパゲルマニウム,トウガラシ果実エキス,褐藻エキス,紅藻エキス,緑藻エキス,オタネニンジンエキス,ナツメ果実エキス,メリアアザジラクタ葉エキス,クロレラエキス,アシタバエキス,レモングラスエキス,アルニカエキス,オトギリソウエキス,セイヨウキズタエキス,セイヨウトチノキ種子エキス,ハマメリス葉エキス,ブドウ葉エキス,ゴボウエキス,サボンソウエキス,セージエキス,トウキンセンカエキス,ホップエキス,レモンエキス,チョウジエキス,カワラヨモギエキス,カプリル酸グリセリル,ラウリン酸ポリグリセリル‐10,ステアリン酸,ステアリン酸グリセリル,水酸化Na,HEDTA-3Na,キサンタンガム,カルボマー,ポリアクリル酸Na,メントール,ユーカリ葉油,香料

ホイップトボディクリーム アンバーバニラ(LAURA MERCIER)

価格(税込) / 容量7,540円(税込) / 340g

ボディクリームに甘く官能的な香りをプラスα

ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」は、ボディクリームに甘いながら本格的な香りをプラスしたのが特徴。
また、使用感もホイップクリームのように軽く、ベタつかないので使い心地の良さも長所になっています。

成分表を見ても香料配合が優先されているので、かなり香り重視のアイテムと言えます。
そのためか女性人気が高いのもこのボディクリームの特徴。
ホイップクリームのような使い心地と合わさって、最高のリラックスタイムを演出しています。

もちろん、ボディクリームとしても優秀で、ヒアルロン酸やハチミツなどの保湿成分によって乾燥で悩む肌をしっかりケアしてくれます。
香りだけのアイテムではないのでその点はしっかり頭に入れておきましょう。

香水の代わりになるボディクリームを探している人にはぴったりなので、甘い香り好きなら一度は試してみるべきアイテムです。

水,香料,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,セテアリルアルコール,グリセリン,ステアリン酸グリセリル,ステアリン酸PEG-100,安息香酸アルキル(C12-15),ミリスチン酸ミリスチル,ステアリン酸イソセチル,ブドウ種子油,イソドデカン,ステアレス-2,シア脂,フェノキシエタノール,カプリリルグリコール,ホホバエステル,(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー,イソヘキサデカン,ポリソルベート60,クロルフェネシン,コメヌカ油,EDTA-2Na,安息香酸,ソルビン酸,キサンタンガム,ポリソルベート80,AMP,BHT,テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル,パンテノール,オレイン酸ソルビタン,ステアリン酸,トコフェロール,アロエベラ液汁,パルミチン酸アスコルビル,酢酸トコフェロール,ヒマワリ種子油,加水分解コメタンパク,ハチミツ,アーモンドタンパク,安息香酸Na,パルミチン酸レチノール,ヒアルロン酸Na,クエン酸,赤504,黄5,黄4,青1

5.プレゼントにおすすめな人気ブランドのおすすめボディクリーム

肌ケアが気になっている人へボディクリームをプレゼントするのもおすすめです。
この項目ではプレゼントに最適なもの・人気ブランドのものを中心に選定し、3つのアイテムをピックアップしてみました。

スキンケアアイテムをプレゼント用に考えている人もそうでない人もチェックして損はありません。
プレゼントにおすすめなアイテムではありますが、もちろん自分のために使うのもOKです。

ローズ ベルベットボディミルク(ロクシタン)

価格(税込) / 容量4,400円(税込) / 250mL

ローズの香りが魅力のアイテム!女性へのプレゼントにおすすめ

クリームではありませんがプレゼントに向いているということでこちらのボディミルクも紹介。
ローズ ベルベットボディミルク」は、ローズの香りということで女性に対するプレゼントにおすすめです。家族や友人への贈り物として検討してみてください。

保湿成分として“シアバター”を配合しており、うるおい効果にも期待。
ミルクということでみずみずしい使用感も魅力となっています。
入浴・シャワーの後に使用するのがベストで、マッサージするように塗るとより効果的です。

香りには特にこだわっていて、4種類のバラを使用し熱を加えない古くからある抽出方法を再現することで、エレガントな香りを表現しています。
ケアタイムをリッチに楽しめるのでストレス発散にも向いています。

つけた後はサラサラした仕上がりになるので、ベタベタ感が苦手な人はこちらのアイテムが向いていると思います。

水,(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル,グリセリン,ヒマワリ種子油,シア脂,ステアリン酸グリセリル,セテアリルアルコール,香料,センチフォリアバラ花水,ステアリン酸PEG-100,セタノール,カプリリルグリコール,セテアレス-33,(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー,クロルフェネシン,キサンタンガム,トコフェロール,ポリソルベート60,イソステアリン酸ソルビタン,安息香酸Na,クエン酸

6.メンズ専用のおすすめボディクリーム2選

ボディクリームは女性だけのものではありません。
肌の状態が気になるメンズのために特におすすめなアイテム2つをピックアップしたのでチェックしてみてください。
女性でもパートナーへのプレゼント用にチェックすることをおすすめします。

シア リッチボディローション(ロクシタン)

価格(税込) / 容量4,400円(税込) / 250mL

男性へのプレゼントにもおすすめなシアバターボディローション

シア リッチボディローション」は、男性専用というわけではありませんが、シンプルなパッケージデザインと合わさって男性に強くおすすめできるのがこのアイテムの特徴。
男女ともに愛用できるのでパートナー同士で一緒に使うというのもおすすめな使用方法になります。

保湿成分として“シアバター”、スキンコンディショニング成分として“ココナッツオイル”も配合しているので、ボディケアアイテムに必要なものはしっかり揃っています。
意外と繊細な男性肌もきちんとケアしてくれるので頼りになるはず。

また、ボディローションということで付け心地が軽いところも男性には向いています。
使い心地が重いと日々のケアが続かなくなる可能性が高いので、使用感を大事にしている男性は購入候補に加えてみてください。

この他に「ポンプタイプでうれしい」といった容器への評価も目にとまりました。
キャップタイプが向かない人にもおすすめです。

水,シア脂,ヒマワリ種子油,グリセリン,(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル,野菜油,ジステアリン酸ポリグリセリル-6,パルミチン酸セチル,トウキンセンカ花エキス,アマ種子エキス,ハチミツエキス,アルテア根エキス,アーモンド果実エキス,ホホバエステル,カプリリルグリコール,セタノール,ポリグリセリル-3ミツロウ,キサンタンガム,ステアロイルグルタミン酸Na,ポリアクリル酸Na,BG,トコフェロール,クエン酸,エタノール,尿素,クロルフェネシン,香料

デオケアクリーム(DiNOMEN)

価格(税込) / 容量1,500円(税込) / 40g

男性の気になるニオイもケアしてくれるデオドラントボディクリーム

肌の状態よりも身体のニオイが気になるという男性はかなり多いはず。

そこでおすすめしたいのがニオイもケアしてくれるこちらの「デオケアクリーム」。
優秀な保湿成分も配合してくれているのでうるおいケアについても優秀です。

ポイントになる成分は消臭効果のある“バンシル”とうるおい効果のある“ヒアルロン酸”。
さらに高い抗酸化作用を誇る“フラーレン”が挙げられ、ニオイ・乾燥・加齢といった男性の悩みにしっかりとアプローチしてくれます。

通勤中や仕事中などに気になるニオイを5%配合された植物由来成分でケアができる上に、肌の問題にも良い影響を与えてくれるということで、今抱えている悩みを一気に解決したい欲張りメンズにはぴったりなアイテムです。

水,BG,グリセリン,トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル,ワセリン,スクワラン,セタノール,香料,パラフィン,ステアリン酸,ポリソルベート60,ステアリン酸グリセリル,セテス-3,ステアレス-11,ラベンダーエキス,シメン-5-オール,カキタンニン,チャ葉エキス,キュウリ果実エキス,タチジャコウソウ花/葉/茎エキス,ローズマリーエキス,ビルベリー葉エキス,乳酸Na,10-ヒドロキシデカン酸,セバシン酸,1,10-デカンジオール,カオリン,ユビキノン,シクロデキストリン,フラーレン,ガリカバラ花エキス,デキストリン,クロルヒドロキシAl,セトリモニウムブロミド,エタノール,ルイボスエキス,ベンジルアルコール,デヒドロ酢酸Na,フェノキシエタノール

7.夏に使えるおすすめなボディクリーム2選

夏は汗をかきやすいのでしっとり系よりもサラッとしたボディクリームが適しています。
下記にピックアップした2つのアイテムはサラッとした使用感はもちろん、夏に向いている個性をしっかり持っているので一押しです。

ミネラルジェリーローション(ジョンソンボディケア)

価格(税込) / 容量オープン価格 / 200g

紫外線やエアコンによる乾燥をケア!サラッと仕上がるボディローション

ジョンソンボディケア「ミネラルジェリーローション」は夏の保湿にピッタリのジェル状ローションです。

塗った直後はしっとり保湿されたあとはサラッとした感触でベタベタとした塗り心地が苦手な人にも気軽に使えておすすめです。

アクアミネラルの香りで夏の蒸し暑い時でもスッキリさわやかな気持ちにさせてくれます。

成分アスパギン酸Mg(整肌成分)が、角質層までしっかり行き届いてエアコンの風や紫外線のダメージで乾燥しやすいお肌にみずみずしい潤いを与えます。

お風呂上りなどにカラダの腕や足以外にも顔にも使えるのでたっぷり塗って毎日の保湿ケアとしてお使いいただけます。

水,エタノール,パルミチン酸イソプロピル,フェノキシエタノール,BG,ポリメチルシルセスキオキサン,TEA,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,香料,EDTA-2Na,エチルヘキシルグリセリン,アスパラギン酸Mg,グルコン酸亜鉛,サンゴモエキス,グルコン酸銅

アンティセプティック 全身薬用ローション(シーブリーズ)

価格(税込) / 容量オープン価格 / 230g

夏につきもののスキントラブルを防いでくれる薬用ボディローション

アンティセプティック 全身薬用ローション」は、100年以上変わらぬレシピで汗による肌トラブルをケアしてくれるのが魅力。

まさに夏にぴったりのアイテムと言えますが、しもやけやひびにも効果があるので冬にも活躍してくれるメリットも持っています。

保湿効果もある“ユーカリ油”や“ハッカオイル”など天然植物成分が配合され、メントールの効果もあるのでスッキリとした使用感も魅力になっています。
殺菌効果で肌を清潔に整えてくれるのもうれしいポイントのひとつです。

男性や思春期の使用もおすすめでき、ヒゲ剃り後のケアや部活後のリフレッシュケアにもピッタリ。
適量を軽くたたくようになじませることでより効果を発揮するので、購入したらこの方法を守ってスキンケアを行ってください。

詰め替え用は700mLと大容量なので、家族で使えるアイテムに仕上がっているのも大きな利点です。

天然植物(皮フ保護)成分ハッカ油,ユーカリ油,チョウジ油,オイゲノール,有効成分カンフル,安息香酸

8.市販で買えるおすすめなボディクリーム2選

まずはお店でパッと買ってボディクリームを試したいという人には下記の2つのアイテムがおすすめになってきます。

マシュマロケア ボディミルク(ニベア)

価格(税込) / 容量オープン価格 / 200mL

やわらかマシュマロ肌が目指せるボディミルク

マシュマロケア ボディミルク」は、薬局などで購入できる手軽さに加え、すべすべかつマシュマロのようなやわらかな肌が目指せるのがこちらのアイテムの魅力。

クリームの付け心地が苦手な人は、みずみずしい付け心地が特徴のこのボディミルクを選ぶのもありです。

うるおい成分である“ヒアルロン酸”、保湿オイルである“ホホバオイル”で肌を乾燥から守り、消炎効果がある“グリチルリチン酸ジカリウム”が肌荒れ防止にも効果を発揮。
健全な肌をしっかり守ってくれます。

香りはおだやかで癒されるヒーリングシトラス、日々のケアにそっと寄り添うような香りなので心地よくスキンケアが続けられるのもポイントです。

ムダ毛処理をした後の肌にも使えるので、夏のケアアイテムとしてもおすすめできます。ミルクということで少量でも広い範囲をケアできるので、全身を必ずケアしたいという人には一押しとなっています。

グリチルリチン酸ジカリウム*,水,グリセリン,流動パラフィン,ジメチコン,ワセリン,ホホバ油,ミリスチン酸ミリスチル,ステアリン酸,ミリスチルアルコール,アルモンド油,ヒアルロン酸Na-2,親油型ステアリン酸グリセリル,グリセリン脂肪酸エステル,飽和脂肪酸グリセリル,カルボキシビニルポリマー,水酸化ナトリウム液,フェノキシエタノール,パラベン,香料 *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

ローション(キュレル)

価格(税込) / 容量1,430円 / 220mL
2,530円 / 410mL

部位・年齢問わずに愛用できるボディローションは香り付きが苦手な人におすすめ

ドラッグストアなどで購入できる医薬部外品の「キュレル ローション」は、乾燥性敏感肌を考えて作られたのでとにかくやさしいのが特徴です。

身体の他に顔へ使えるのはもちろん、デリケートな赤ちゃんの肌へも使えるので、信頼度はかなり高いです。

肌にうるおいとバリアの効果を与えてくれる“ユーカリエキス”などを配合しつつ、消炎作用のある有用な成分も配合しているので肌荒れにも効果的。
健やかな肌を手に入れたいと思っている人は購入を検討するべきアイテムとなっています。

肌へのやさしさを証明するように無着色・エチルアルコール無添加・弱酸性、さらにアレルギーテスト済み(※アレルギーテスト済みでも全ての方にアレルギーが起きないわけではありません。)となっているのもポイント。
香料も使用していないので香り付きアイテムが苦手な人にも適しています。

ただ脂性肌や混合肌の人が使った場合、ベトベトした印象を受けるかもしれないのでその点は注意しましょう。

アラントイン*,水,グリセリン,シュガースクワラン,ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド,ステアリン酸POEソルビタン,ジメチコン,BG,ユーカリエキス,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,コレステロール,イソステアリン酸コレステリル,キサンタンガム,ステアリン酸ソルビタン,ステアロイルメチルタウリンNa,コハク酸,セタノール,ステアリルアルコール,安息香酸塩,フェノキシエタノール
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

9.ボディクリームの正しい使い方と注意点

理想のアイテムを手に入れただけではまだ不十分。
ボディクリーム以外にも言えることですが、完璧なスキンケアに近づくためには使い方も重要です。
ここでは正しい使い方の他に注意点も解説していくので、ぜひ参考にしてください。

9-1.塗るタイミングは「入浴後」

バスタブ

ボディクリームを塗るタイミングは入浴後がおすすめ。
これは入浴の効果によって肌が清潔・柔らかくなる&肌が濡れてうるおっているためで、クリームを塗るうえでこれ以上のタイミングはありません。

特に肌のうるおいは重要で成分の浸透率が高まる効果が期待できつつ、入浴で得た水分をクリームで閉じ込めることで保湿効果も期待できます。

この効果をきちんと得たいならタオルで水分をしっかり拭くことは控えて、うるおっている状態のままでクリームを塗ることを意識してください。
ただこちらはあくまで基本的な方法の紹介なので、製品の説明と差異があったら製品の方を優先するようにしてください。 

9-2.手でなじませてから身体に塗っていく

クリームを塗る手

塗るときのポイントは身体にボディクリームを直接つけて塗るのではなく、一度手でなじませてから塗るというところ。
身体に直接つけてしまうと塗りムラができてしまう可能性が高くなるので、ムラを避けるためにもこの方法はかなりおすすめです。

ただ一点気を付けてもらいたいのが、手に汚れがないかどうか。
手が清潔でないとボディクリームを塗った部位に雑菌などを広げていくことになるので注意が必要です。

9-3.ボディクリームは基本的に身体のみ

body

身体の肌は顔より厚いので、身体用に作られているボディクリームを顔に塗ると、刺激が強すぎて肌トラブルに繋がる可能性があるためおすすめできません。
顔使用OKとなっているアイテムは別ですが、通常のボディクリームは身体のみに使用するようにしましょう。

また、身体に塗る場合でも植物オイル配合など油分が多いアイテムは部位によって注意が必要。
例えば胸元や背中といった皮脂の多い場所に塗り過ぎてしまうと、皮脂量のバランスによっては油分が多すぎてニキビなどのトラブルを起こすこともあります。

肌との相性によっては、1つのボディクリームで身体の部位全てに対応できない場合もあるので、複数のアイテムを活用するなど色々と工夫してみましょう。

9-4.ボディクリームは開封後1年以内に使い切る

Moisturize cream

あくまでも目安ですがボディクリームは未開封の場合は3年、開封した場合は1年が消費期限と言われています。
消費期限を過ぎた場合は品質の保証ができなくなるので、使用すると肌に悪影響がでるため危険。
期限内での使用が求められてきます。

もちろん、保存料や防腐剤を使用していない場合は消費期限はもっと短くなるのでさらに早く使い切る必要がでてきます。
購入する前に消費期限をちゃんとチェックしておけば、事前に計画がたてられるので忘れずチェックしておいてください。

ちなみに、使用する部位が限定的だった場合などは期限内に使い切るのが難しい場合もあります。
ただ余る場合は別の使い方でボディクリームを消費することができるので、積極的に試してみましょう。
詳しくは次の項目をチェックです。

9-5.パックやヘアクリームなど余ったボディクリームの使い道

body cream

実はボディクリームは身体に塗る以外にも色々な使い方ができます。
例えば髪の毛をケアするヘアクリームとして活用したり、固く乾燥しやすいかかと角質のケアや妊娠線の予防にも向いています。

もしボディクリームが余った場合は上記に挙げた方法を試して使い切るようにしていきましょう。

その他にも冬の使用が多いボディクリームを、夏も含めてきちんと1年使い続けるようにすると余りづらくなるはずです。

10.ボディクリームを購入時の気になる疑問・質問

まとめの前にQ&A形式でボディクリームの質問を解決。
意外とわからない・誰も教えてくれないような疑問をピックアップしたので、ボディクリームを愛用しているような人にもためになるような内容になっているはずです。

Q1.ボディクリームは夏も使ったほうがいいの?

summer

ずばり夏もケアを行った方が良いです。
冬は乾燥をしっかり実感できるのでボディクリームを愛用している人が多いですが、夏も室内のクーラーなどで肌は乾燥しやすくなっているものです。

乾燥は肌トラブルの原因になるので、放っておくのは禁物。
ベタつきが苦手な人でも塗る量を少なくして調整したり、夏用のアイテムを使えば快適にケアできるので積極的に試していってください。

Q2.良い香りのボディクリームなら香水は付けないほうがいい?

Young woman holding cream

香りに力を入れているボディクリームを使用する場合、香水との併用に悩む人もいると思いますが、良い香りのアイテムを合わせて使えば良いというものでもありません。
ポイントになってくるのは香り同士の相性。

香りを合わせることでより良くなるなら、2アイテム同時使いはありですが、特にプラスにならない・むしろマイナスになる場合は合わせて使う必要はありません。
例えば同系統の香りなどは合わせやすいと思うので試してみる価値はあります。

ハイレベルなテクニックとして違う系統の香り同士を合わせてオリジナルの香りを楽しむという方法もありますが、基本的には違う香りのものは合わせない方がベターです。

11.まとめ

ボディクリーム選びには保湿力をベースにした上で、自分の肌タイプと目的を明確にして探していくことが大切です。


男性に向いているアイテムも紹介しているのでパートナーのために買ってあげるのもおすすめです。
良いボディクリームを広めてみんなで美肌を目指すのも良いと思います。

ボディクリームを選べたら後は正しい使い方と消費期限を守ってコツコツケアしていきましょう。
ベストなアイテム・正しい使い方・日々の継続の3点が揃っているなら、あなたの理想の肌に近づける可能性はグンッとアップするはずです。

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。
※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。