人類終了のお知らせ。現在の文明は2050年までに崩壊すると予測した文書が発表される(オーストラリア研究)

人類終了のお知らせ。現在の文明は2050年までに崩壊すると予測した文書が発表される(オーストラリア研究)

Image by JL G from Pixabay
 ショッキングなレポートが提出された。即座に抜本的な対策を取らなければ、2050年までに、気候変動の影響により人類文明は存在が脅かされるほどの危機に直面することになるだろうというのだ。

 これは、オーストラリア・メルボルンに拠点を置くブレークスルー気候復旧ナショナルセンターが公表した文書によるものだ。

 地球温暖化をこのまま放置しておけば、地球の平均気温が3度上昇するというシナリオは完全に現実的なものとなり、現在ある形での文明は崩壊するだろう、というものだ。
【致死的な熱波が襲う「ホットハウス・アース・シナリオ」】

 ここで予測されるいわゆる「ホットハウス・アース・シナリオ」では、陸上面積の35パーセント――人口でいえば55パーセントにあたる人たちが、年に20日以上もはや人が生存不可能なほどの致死的な熱波に襲われる。

 サンゴ礁、アマゾンの熱帯雨林、北極といった生態系は崩壊。北アメリカでは野火、熱波、干ばつが頻発し、アジアを流れる大河は干上がり、20億人が水不足で苦しむようになる。

 メキシコと中央アメリカの降雨量もおよそ半分まで減少し、農業を営むことは困難になる。エルニーニョ現象と同様の気候が常態化し、年に100日以上は危険なほどの熱波が襲来。10億人以上が移住を余儀なくされる。

 レポートは、このシナリオについて、やがて人類文明の終焉へと至る世界の混乱のイメージを垣間見せるものだと述べる。これが世界の安全保障に突きつける困難はもはやお手上げなほどで、政治的なパニックが生じるだろうとのことだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月7日のびっくり記事
「人類終了のお知らせ。現在の文明は2050年までに崩壊すると予測した文書が発表される(オーストラリア研究)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    俗にいう「経済成長」とやらがネズミ講だからなあ。単純なものだと木々を切り倒してそこに建築物を建てればGDPがUPする。

    1
  • 匿名さん 通報

    30年間技術革新がないとは思わないが70億人の生活水準が高まるのならば(人類すべて享受する資格はあるが)資源逼迫してくるだろうな。

    0
  • 匿名さん 通報

    違う意味では、既に崩壊しちゃってるかもしれん。お互いを、否定し傷つけあう人間。

    0
  • 匿名さん 通報

    ネタでガンダムのコロニー建設開始が2024年ぐらいじゃなかったけ?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。