人間の赤ちゃんをチンパンジーと一緒に育てるとどうなるのか?1930年代に行われた驚愕の実験結果

人間の赤ちゃんをチンパンジーと一緒に育てるとどうなるのか?1930年代に行われた驚愕の実験結果
 1930年代に驚愕の実験が行われていた。比較心理学者のウィンスロップ・ケロッグ氏は、生後10か月の我が子と、生後7カ月のメスのチンパンジーを、きょうだいのように一緒に育て、チンパンジーがどれくらい人間らしくなるかを観察しようとしたのだ。

 この実験は予想外の展開を迎えることとなり、9ヶ月後に中止となる。

 チンパンジーが人間らしくなるどころか、人間の赤ちゃんがチンパンジーのような行動をとるようになってしまったのである。

チンパンジーと一緒に育てられた人間の赤ちゃん 1931年、比較心理学者のウィンスロップ・ケロッグと妻のルエラは、生後7か月のメスのチンパンジーを迎え入れた。ドナルドの妹にするためだった。

 ドナルドは、ケロッグ夫妻の間に生まれた男の子で、当時生後10か月だった。

 チンパンジーの赤ちゃんはグアと名づけられ、5年間、ドナルドの妹として人間のように扱い、一緒に育てるという実験が始まった。

[画像を見る]

image credit:A/V Geeks

 これは、人間とチンパンジーが同じものに対してどういう反応を示すのかを比較する実験であり、その目的は、チンパンジーをどれだけ人間に近づけることができるかをみることだった。

 ケロッグ夫妻は、両者を人間の子どもとして扱い、同じように話しかけ、ドナルトとグアは同じようなベッドで寝て、似たようなおもちゃで遊んだ。

 同じ食べ物を与えられ、服を着せられ、同じようにお仕置きされた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク