今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

嵐でカラオケ盛り上げろ! スルーしないでマスター「サクラップ」ベスト3■新社会人応援スペシャル

2011年4月18日 10時00分

カラオケでヒーローになれるサクラップ。韻を踏んでいて聞き取りにくい詞も多いので、しっかり歌詞カードを見てマスターしよう!

[拡大写真]

春はカラオケの季節! この時期、花見も終わり本格的に仕事や授業が始動してきた頃でしょうか。新しい出会いや話したいことがたくさん→飲み会→二次会はカラオケ! という流れが定番でしょう。嵐大好きな私も、嵐好きの仲間と一緒に通称「アラオケ大会」なんてことをよくやっています。

最近は男女問わず、ファンかそうでないか問わず、嵐を歌う人はすごく多い。理由はやはり、タイアップ曲や主題歌などになっている曲が多くて、知っている人も多くみんなで盛り上がれるから!

が、しかし! カラオケで嵐を歌うにあたって、ひとつだけネックがあるのです。それは、ラップ部分。曲によって、メンバーの櫻井翔書き下ろしラップ、通称「サクラップ」が入っている曲があるのだけれど、これをどうも歌わずスルーする人が多い。ただ単に早くて歌えないのか、カラオケでラップを披露するのが恥ずかしいのか……とにかくここを微妙にごまかして過ごそうとする人が多く、聞いている身としてはとても歯がゆいものがあります。

そこで、春のカラオケに向けマスターして損はないサクラップ入りの嵐曲をベスト3で紹介。画面に流れていく歌詞を眺めているだけの気まずい時間……そんな時すかさずマイクを取りラップを披露すれば、盛り上がり一目置かれること間違いなしです。

「サクラ咲ケ」・2005年/櫻井翔出演CM「城南予備校」タイアップ曲
嵐の代表的な春ソング。サクラップ的ポイントは、恥ずかしがらずにラッパー風の野太い声を出すこと。ちょっとやりすぎかなーというくらいの野太さで「イ゛ェィイ゛ェー」と冒頭入っていけば、もうその場の空気はこちらのもの! ラップ詞にこめられた、「一歩でも踏み出せば世界は変わる。成功するには時間はかかるけれども、つべこべ言うのは一歩踏み出してからだ!」という強いメッセージ性でオーディエンスのハートをガッチリつかみましょう。新しい生活、前向きに一歩踏み出そうと皆で心がひとつになるはず。

「We can make it!」・2007年/松本潤主演ドラマ「バンビ~ノ!」主題歌
こちらもこの季節にピッタリの、夢をつかみとろうぜっという前向き曲。サクラップ的ポイントとしては、なんといっても滑舌。そんなに難しいことは言っていないけど、独特のリズムに乗せようとするとちょっとうまく歌えない。歌パートノリノリだったのに、ラップパートになった途端目を閉じ立ち尽くし、少しうつむきながら集中して歌うと、世界観が演出できてかっこいい!「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と軽く滑舌練習してGO!

「風の向こうへ」・2008年/日本テレビ北京オリンピックテーマソング
オリンピックにピッタリの一曲だった、最高に気持ちいい爽やかソング。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品