90s

名優・高倉健、アホの坂田……中高年層を狙った富士通のCM戦略とは?

名優・高倉健、アホの坂田……中高年層を狙った富士通のCM戦略とは?
※写真はイメージです
Windows95が発売された1995年、日本は本格的なインターネット時代に突入した。それはバブル崩壊により、業績が低迷していた国内家電業界にとって千載一遇の好機といえた。

そんな中にあって、当時パソコンの国内シェア2位グループにつけていた富士通は、一つの秘策を掲げ、首位のNECに挑んだ。その秘策とはいわば、「おじさん攻略作戦」。イメージキャラクターに起用されたのは名優・高倉健だった。

パソコンCM=アイドルだった時代


インターネット普及期以前のパソコンのテレビCMと言うと、ソニーHitBitの松田聖子や富士通FMシリーズの南野陽子など女性アイドルが定番だった。まずパソコンの魅力に飛びついたのが学生や若手サラリーマンが中心だったわけだから、至極自然な流れといえる。

しかし1994年頃から、パソコンはAV機器などに取って代わる普及家電の切り札と目されるようになった。
そこで富士通が狙いを定めたのが中高年層。男女問わずミドル層憧れのスターである高倉健は、うってつけのキャラと言えた。なにしろ、高倉健の決め台詞といえば「不器用ですから」。そんな健さんでもパソコンを使っている絵を見せられれば、「自分にも使えそう」とおじさんたちの心は掻き立てられないわけがない、というわけだ。

映画を思わせる名作CMも登場


富士通のこの狙いは見事にヒット。健さんといえばFMVのというイメージは瞬く間に浸透した。

当初のCMは高倉健が一人パソコンに向かい呟くといったパターンが基本だったが、「幸福の黄色いハンカチ」や「駅 STATION」などでの名コンビを組んだ倍賞千恵子や、当時若手有望格として売っていた田中麗奈らと共演するCMも登場。

あわせて読みたい

  • かつてハイビジョンテレビは250万円だった! ハイテク時代の幕開けとなった機器

    かつてハイビジョンテレビは250万円だった! ハイテク時代の幕開けとなった機器

  • 愛すべきセガのCMキャラ 『せがた三四郎』と『湯川専務』を振り返る

    愛すべきセガのCMキャラ 『せがた三四郎』と『湯川専務』を振り返る

  • スマホの元祖? 社会問題にもなった「iモード」を振り返る

    スマホの元祖? 社会問題にもなった「iモード」を振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年3月1日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース