0

「ドラゴンボール超」悟空、第11宇宙の最強戦士・ジレンと激突! 秋の1時間SP先行カット

2017年10月7日 16時00分 (2017年10月14日 15時58分 更新)
TVアニメ『ドラゴンボール超』は、10月8日に秋の1時間スペシャル「これぞ全宇宙一の究極バトル!孫悟空VSジレン!!」がオンエアされる。このたび、先行場面カットが公開された。

ドラゴンボール超』は2月5日より「宇宙サバイバル編」を放送中。原作者の鳥山明がストーリーとキャラクターの原案を務めており、第7宇宙代表の10戦士がチームとしてバトルを繰り広げるストーリーだ。敵役だったフリーザが仲間になるなど、意外な展開で人気を博している。
秋の1時間スペシャル「これぞ全宇宙一の究極バトル!孫悟空VSジレン!!」では第11宇宙の最強戦士・ジレンが孫悟空とついに激突。先行場面カットでは二人が対峙する場面が確認できた。気を開放しただけですべての選手を圧倒するほどの力を持つジレン。そんな最強の敵を相手に悟空は限界まで力を上げ、あらゆる技を駆使してジレンに挑む。
さらに悟空が未知の気の流れに包まれているカットも登場。一体どんな力を発揮するのだろうか。そのほか、二人揃って笑みを見せている17号と18号や、不敵な表情を浮かべるフリーザの場面もあり、ファンの期待を煽る仕上がりとなった。

第11宇宙の神々はジレンに孫悟空を潰せという指令を出す。悟空は嬉しそうに身構えるが、ジレンが気を開放した途端、武舞台に残っている全選手が気の暴風に圧倒される。破壊神ビルスでさえも呆気にとられるほどだった。
悟空は超サイヤ人ブルーとなり、界王拳を限界まで引き上げて挑むがジレンにはまったく通じない。誰もが絶望したそのとき、倒れていた悟空からこれまで見たこともない気の奔流が噴き上がるのだった……。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品