巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

まるで辞書並み!? 分厚すぎるポケモン攻略本の謎

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく、超ブ厚いです。

『ファミ通.com』の「ゲームソフト販売本数ランキング TOP30」(集計期間:2008年10月6~12日)によると、推定累計本数168万2711本と、売れに売れてるゲームソフト『ポケットモンスター プラチナ』。

攻略本も各社から発売され、10月21日調べの「Yahoo!ブックスランキング」では、4位の『ポケットモンスタープラチナ公式完全クリアガイド』(メディアファクトリー)を筆頭に、売り上げ上位に何冊も食い込んできている好調ぶりだ。

ところで、大人気のポケモン攻略本が、いまエライことになっているのをご存知だろうか。
エライこと……それは、分厚さとページ数、ボリュームである。

『ポケットモンスタープラチナ公式完全クリアガイド』(メディアファクトリー)は、991ページ。『ポケットモンスタープラチナマップ&ずかん』(小学館)は719ページ。『ポケットモンスタープラチナパーフェクトクリアBook』(毎日コミュニケーション)は、735ページ。『ポケットモンスタープラチナ公式完全ガイドブック』(エンターブレイン)は927ページ。
いずれもなんと5センチ近い厚みを誇っており、思わずその厚みに「広辞苑か!」とツッコミたくなってしまったほどだ。

ちなみに、ゲームの攻略本が、近年、全体的に厚くなっているのかというと、そういうわけでもなさそうで、データ満載の『三国志』関連も、ここまでではなかった。
つくる側の作業は尋常でなく大変そうなのに、定価はいずれも900円台~1200円程度。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年11月6日 10時00分

注目の商品