巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カーナビが目的地周辺で見捨てることについて

ライター情報:田幸和歌子

カーナビさん、私を“周辺”じゃなく、「目的地」まで連れていってください。

「カーナビって、なんで目的地『周辺』で終わりにするんだろうね? 『周辺じゃなくて、ちゃんと目的地まで連れてってよ』と思うよね」
深夜番組で以前、さまぁ~ずがカーナビについて、こんな感じの文句を言っていた。

同様のことを水谷豊がカンカンになって言うのを見たこともあるし、ダウンタウン松本も「人志松本のすべらない話」などでよく語っている。身のまわりでもよく聞く苦情である。
自分なども徒歩ではあるものの「駅まで送るよ」と言いつつ、早々に飽きて、「あとはわかるよね?」と友人を放置することがあったりするが、それと似たような感じなのだろうか。
しかも、テレビや周囲の人の間では「周辺で見捨てられる」ことが当たり前として語られているが、最近のカーナビはもっと親切で、そんな人非人なことをしないとも聞く。
いつから、どういう理由で変わってきたのか。
自動車ライターの小池りょう子さんに聞いた。

「確かに、10年くらい前までは『目的地周辺です。音声案内を終了します』『えーっ! まだ着いてないよ~!』というナビばかりだった気がします。でも、最近のナビは、『○町何丁目何番何号』といった具合に、戸番まで検索できるようになっています(※昔はここまで詳細には検索できなかった)。さらに地図上に目的地が表示される縮尺までになると、『あとは地図見ればわかるでしょ』くらいの近さに来たってことで、音声案内を終了する機種がほとんどだと思うんですよね」
これは、10年ほど前のCD-ROMから最近のDVD、HDDへと情報データのソフトが進化してきたことが貢献しているのでは? とのこと。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年11月26日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品