巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「股に手をはさんで寝る」という人について

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

この柔らかさとあたたかさ、やっぱり落ち着きます。

「股に手をはさむと、安心して眠れる」――こんな経験、ありませんか。実は私自身もそう。

うつぶせは苦しいし、仰向けだと、落ち着かない。横を向いて寝ると、手の置き場が気になって体の横にそわせてみたり、重ねてみたり……で、落ち着いたのが、「股の間」というわけだったのだけど。

これって、どうして? 単なる安心感だったりして? ロフテーの快眠スタジオ睡眠改善インストラクター・山尾碧さんに聞いた。

「股に手をはさんで眠る方は、確かにけっこういますよね。でも、これは冬に多いんじゃないでしょうか」

実は体温と睡眠の関係は大きく、体温が徐々に低下しながら眠りにつき、上昇しながら起きるというリズムがあるのだという。
「最高体温付近では、覚醒度も高く、眠ろうとしてもなかなか眠れません。つまり、体温を徐々に下げないと眠れないわけで、どこかから放熱することが必要になります。そこで、手足などの末端から熱を出すようになっているんですよ」

手の皮膚温は、入眠期に約1.5%上昇し、手足の皮膚の血管が拡張することによって、放熱が盛んになるというメカニズムになっている。
実は、乳幼児が眠くなると手があたたくなるのも、手から放熱させて体温を低下させるためなのだとか。

ところで、この「眠くなると手があたたかくなる」という現象、赤ちゃんだけのものではないの?
「眠くなると手があたたかくなるのは、赤ちゃんだけでなく、大人にもあることなんですよ。ただし、大人の場合、赤ちゃんのように誰かが抱っこしているわけでもないので、気づきにくいのかもしれません」
つまり、カラダが本来持っているリズムとして、入眠時には「体温が高い」→「体温が低い」になるわけで、体温を下げるためには冷えて収縮した血管を温めて拡張する必要がある。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年2月10日 10時00分

注目の商品