巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

豆腐の「1丁」の大きさに決まりはあるの?

ライター情報:イチカワ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「豆腐1丁」、どんな大きさを連想しますか?

豆腐の「1丁」の大きさは、地域や種類によってかなりの違いがある。
例えば昔ながらの豆腐屋では、東京都心で1丁300~350グラム、沖縄で1丁1キログラムってことが多いという。また、最近のスーパーでは、個食用に作られた1丁数十グラムの豆腐が充実してる。

50グラムだろうが、1キロだろうが、ひとかたまりなら1丁って呼ばれてるっぽい豆腐。実際は1丁の大きさに基準ってないんだろうか? 東京都豆腐商工組合に話を伺った。
「大きさに決まりはありません。それぞれの店やメーカーの判断で、1丁という呼び方をしています」

やっぱ大きさは、店が自由に設定できるんだ。じゃあ例えばだけど、5キロや10キロの巨大豆腐を、これが1丁ですって売ることも可能?
「まあそうですね……特に制約はありません」

そしたら逆に小さな5グラムや10グラムの豆腐を作っても、1丁って言えちゃう?
「特に制約はないです」

まさか、そんなにも1丁が自由だったとは。豆腐屋の主人やメーカーの担当者が「巨大豆腐や超ミニ豆腐で勝負したい」って思えば、誰かが止めない限り、1丁の豆腐として売れちゃうらしい。

あと最近よく見る、寄せ豆腐とかざる豆腐も「1丁」って言えるの?
「どうなんでしょうね。イメージとして、少し違うかもしれません。どちらかというと1個というか……特に決まりはないですが」

へぇ~、そこだけは違うんだ。直方体のかたまりじゃないと、1丁とは呼びづらいみたいだ。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年6月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品