巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ほうれん草は“オス”のほうが美味しいの?

来春デビュー予定の、茎を食べるほうれん草『スカンポ』。これくらいの状態になると雌雄をはっきり判断することができる。

ほうれん草といえば、ベータカロテンやビタミンC、鉄分などを含む、栄養価が高い緑黄色野菜のひとつ。

先日、知人と自然派レストランに行く機会があった。そこで食べたほうれん草がとても美味しかったので「このほうれん草、すっごく美味しいね!」と言ったところ、「そうだね。これ“オス”なのかな?」と予想もしていなかった返しがきた。ほうれん草には、オスの株とメスの株があり、一般にオスのほうが葉が多く風味がよいとされているとか。え~ホント?

もっと詳しく聞きたかったが、知人はそれ以上のことを知らなかったので、独自の栽培方法で『荒益男ほうれん草』を栽培・販売し、農業技術を追求して美味しさと文化を創造しているジャパン・アグロノミスツ株式会社の農学博士・藤原隆広氏に、質問してみた。

――ほうれん草はオスの方が美味しいのですか?

「残念ながら、ほうれん草に関してはオスの方が美味しいという研究データはありません。というのも、抽だい(とう立ち)したあとは雄雌の違いを判断できるのですが、抽だい前は見た目で雄雌を判断することができないんです。ですから、オスのほうれん草が美味しいと断定できる科学的根拠がないのです。ただ、同じく雌雄がある野菜として有名なアスパラガスは雄株の方が太くて美味しいとされていますので、そこからそのようなお話が出たのではないでしょうか」

“オスが美味しい”というのは残念ながら現時点ではただの噂だったようだ。
関連キーワード

ライター情報: 磯谷佳江/studio woofoo

可愛いものと美味しいものを愛するフリーライター。普段はアニメ・ゲームを中心に歌詞を書いています。

2009年9月28日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品