巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ポストって、どういう場所にあるんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い色は目立つはずなのですが、意外に見落としてしまいます……。

引越しや転職で新しい土地にやって来たとき、地味に困るのがポストの場所だ。赤い色はいかにも目立つが、高層建築の多い都会ではそれも埋没してしまいがち。
コンビニや銀行なら看板でわかるが、それも無いため案外捕捉しにくいのがポスト。
果たしてこのポスト、設置場所を決める何か細かな決まりでもあるのだろうか。

郵便局に伺ってみたところ、平成20年度の段階でポストの数は全国19万2213本。

メールなどがメインになり、年々年賀状や郵便物の数が減ったと聞く。同時にポストの数も減ったのではと危惧していたが、大きな減少は無いそうだ。

ではこの置き場所、具体的に決まっているのか。

これは「その地域の支店が場所を決めます。駅や商店などに直接交渉してその前に置かせてもらっています」、どうやら設置場所は支店目線。その地域の支店が、ここぞと思った場所に設置することになっているそう。

コンビニなどと違ってポスト同士で商圏が被る……ということは無いと思うのだが、バランスを見て置かれているため、そうホイホイとあるわけではないらしい。

「もし見つけられない場合はお近くの郵便局に聞いてください」とのことだが、その郵便局が見つからない場合もある。
『ポストは個人でも設置できる?』の記事にもある通り、思いきって家の前に作ってしまえば問題解決だが、お金がかかる。
そこでやっぱり一番なのは、自分の身近にあるポストを見つけ出すことだ。

自分の近くにあるポストを紹介し、多くの人と情報を共有する。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年2月25日 10時00分

注目の商品