巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ブログの「定期メンテナンス」、何をやってるの?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

快適な環境のため、がんばってメンテナンスしています(写真はイメージです)。

( 1 / 2 )

深夜にブログを覗くと、たまに出くわす“メンテナンス中”の文字。
ブログが読めず「今見たかったのに!」とか「ここに知りたいことが書いてあるはずなんだよ!」とか軽くイラッとしながら、戻るボタンを押す。

車に車検や日常のオイル交換が必要なように、ブログサービスでもメンテナンスが必要なのはなんとなく分かる。でも、その実体がイマイチ見えてこない。それは特に定期メンテナンス。壊れたり不安定な部分を直す緊急メンテナンスと比べて、具体的な内容がぼんやりしてる。

定期メンテナンスって、主に何をやってるんだろうか。エキサイトブログ担当エンジニアの百成(どうみき)さんに聞いてみた。
「まずユーザーの記事が入っているデータベースのインデックス(目的の情報を探すために手がかりとなる見出しのようなもの)の再構築を行う処理や、サーバー(コンテンツやサービスなどを提供するために動かしているコンピューター) のシステム構成の変更をしてます。またハード面でもサーバーなど機器の差し替えを行ったりしています。あと、新しい機能を追加するときもそうですね。イメージ的には、お部屋の掃除と模様替えをしているようなものです」
メンテナンスをやらないと、記事の投稿に時間がかかったり、サービスが古くなって、だんだん使いものにならなくなっちゃうという。メンテナンスは“必要悪”なのかもしれない。

模様替えしながら友達と電話で話す……みたいに、メンテナンスをしながらブログを読み書きできないもの?
「止めずにメンテナンス作業を行うと、作業中にユーザーが書き込んだ記事が消えてしまうなど、データに不整合が起こってしまう可能性があります。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年5月17日 10時00分

注目の商品