巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

クネクネな手すりの正体は?

ライター情報:もがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)佐世保市内に設置されていた「クネット」。
(下)水平部分と垂直部分の役割。

最近、駅などの階段で、クネクネと波のような形の変わった「手すり」をよく見かける。変わった形なので、一見持ちにくそうだが、重い荷物を持って階段を上がるとき、この手すりがとても使いやすいことに気づく。

この手すりの名前は「クネット」。筆者がこの名前を知ったのはクネットの故郷の地、長崎県佐世保市だった。
この不思議なクネクネした手すりが全国に広まっている秘密に迫ってみよう。

◇クネットの仕組み◇
普通の手すりは、斜めにまっすぐなので、滑りやすい、力をかけにくい、といった欠点がある。
それに対して、クネットは「水平部分」と「垂直部分」がある。これにより、握りやすく、滑りにくくなっている。「水平部分」で「杖」のようにしっかりと体を支え、「垂直部分」で「取っ手」のように体を引きつけることで、従来の手すりより階段の昇り降りが安全で楽になるのだ。
安全な上、手にしっかりと力が入ることにより膝への負担も軽減される、ユニバーサルデザインな手すりなわけ。
なお、世界でこのような形の手すりはクネットだけとのこと(クネットは世界26カ国で、特許や実用新案を取得)。

◇クネットの誕生◇
佐世保市も長崎市と同じく、坂が多い町。そんな町で、急な階段に手をついて昇り降りをしているお年寄りから、「手すりにも水平部分が必要」とヒントを得て、クネットは2001年に誕生した。
2004年には、「株式会社クネット・ジャパン」が設立され、本格的に営業活動が開始。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年10月29日 10時00分

注目の商品