巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

my電動自転車をソーラー充電できる駐輪場

ライター情報:羽石竜示

太陽光発電で蓄えた電気で充電できる駐輪場『ソーラーチャージステーション』(受注生産品、LIXIL製)。写真は施工例。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

わが母も愛用している電動アシスト自転車。上り坂も超ラクラクなので、一度使うともう100パーセント人力の自転車には乗る気はしないという。だが、厄介なのは出先での「電池切れ」だ。電池が切れればただの重たい自転車に過ぎない。この問題があるがために、私自身はまだアナログ自転車に乗っている。

屋外で電池切れのとき、即座に充電できる電動アシスト自転車のための電力ステーションがあれば……。そんなニーズに応えるかたちでこのほど発表されたシステムがある。それは、太陽光発電で蓄えた電気で充電できる駐輪場『ソーラーチャージステーション』(受注生産品、LIXIL[TOEX]製)だ。

使い方は、各駐輪スペースに設置されているバッテリードックの扉を解錠し、その中へ自転車のバッテリーを装填するだけ。最大で6台分の同時充電が可能。また、夜間時のLED照明や災害時の非常時用電源としてPCやケータイの充電にも対応する。

ソーラー式なので環境にやさしく、節電にも役立つのでまさに現在のニーズにぴったり合っているシステムなわけだ。
ところで、どんな施設に設置することを想定しているのか。LIXILさんに聞いた。
「レンタサイクル、集合住宅、企業など電動アシスト自転車を使用している所です」
ほかに、駅前の駐輪場にもあると便利そう。

ところで、充電にはどのくらい時間がかかるものなのか。
「日照条件によって異なりますが、ソーラー電力を蓄電するシステム内の小型リチウムイオン電池は3時間くらい。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2011年7月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品