巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

セックス嫌いな若者が増えている!?

『セックス嫌いな若者たち』(北村邦夫・著/メディアファクトリー)

[拡大写真]

いま、若者の3人に1人がセックスに興味がないって知ってました? そんな衝撃の実態に迫るこんな本が発売になった。産婦人科医であり、日本家族計画協会クリニック所長である著者による、『セックス嫌いな若者たち』(メディアファクトリー)である。版元の担当編集者さんに企画の発端を伺ってみたところ、

「今年1月に各メディアで報道された『セックス嫌い』や『関心がない』若者が急増しているというニュースに衝撃を受け、この調査のまとめ役である産婦人科医の北村邦夫先生に、本書の執筆を依頼しました。調査データはもちろんのこと、北村先生が日頃カウンセリングや診療で得ている『若者の生声』も交えて紹介することで、若者の性の実態がわかる本に仕上がったと思います」

とのこと。確かに、集計データの分析だけでなく個人のリアリティのある話が語られており、嫌いな理由も人それぞれ。彼ら(10代後半~20代前半の男子)の多くは性欲はふつうにあるのだけれど、「めんどくさい」「恥をかきたくない」「2次元に嫁がいるから」「生身の女は不潔で気持ち悪い」「仕事で疲れ果て、その気になれない」「フリーターで生活力がなく女性に相手にされないし、子どもができても養っていけないのでセックスできない」などなど……。

なお、最後のは非正規雇用が増えた現代ならではの、なんとも悲しいコメントである。また、本書中に「みんな、セックスはタダだと思っているけれど、実はお金がかかる行為」という一文があるのだが、避妊にかかる費用(コンドームやピルなど)に加え、万が一、望まない妊娠をしたり、子どもができた場合に結婚することを考えると、お金のない若者にとっては確かにセックス=リスキーな行為といえるのかも。
関連キーワード

2011年7月16日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品