巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

パリで連日行列する噂の日本食

ライター情報:加藤亨延
このエントリーをはてなブックマークに追加

手前がみそ辛ネギ味玉ラーメン12ユーロ(約1230円)。奥がしょうゆちゃーしゅー味玉ラーメン13ユーロ(約1340円)。なお通常のらーめんは9ユーロ(約930円)。餃子は5ユーロ(約510円)。

[拡大写真]

「パリには日本と比べておいしいラーメン屋がない」パリに住む日本人が口をそろえて言っていたセリフだ。ところが今、パリの日本食レストラン事情に変化が起きている。千葉県船橋市を本店として千葉を中心に4店舗を展開するラーメン屋「こってりらーめん なりたけ」が、昨10月にパリへ進出。日本の濃厚なラーメンを再現して、連日店舗前に行列を作っている。

開店当初は、噂を聞きつけた日本人が主な客層だったものの、今ではフランス人も多く訪れている。そんな「なりたけ」さんで、ラーメンに対するフランス人と日本人の違いについてうかがった。

「日本の場合は、ラーメン屋という性格上、素早く召し上がられてお帰りになるお客様が多数ですが、フランスの場合、多くの方が会話をしながらゆっくりとラーメンを楽しまれます。そのため店内の回転は遅いですが、一人当たりの注文数は多いです。餃子を例にとっても、日本だと約10人に1皿の割合ですがパリは約3人に1皿、ビールもパリの方がはるかに多く出ます」(店長)

日本とフランスの食に対するスタイルの違いは、店舗内で費やす時間だけでなく、食べ方にも影響しているという。

「最も大きな違いは、スープと麺のどちらをメインに考えているかという点です。日本のお客様の場合、スープは残しても麺は完食されますが、フランスの場合、麺は残してもスープは飲み干されます。これも食文化の違いですね」(同)

「なりたけ」ラーメンのベースは、背脂チャッチャ系といわれる、煮込んだ豚の背脂をスープに加えた、濃厚な豚骨スープが特徴。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2012年2月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品