巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

フォークの背にライスを乗せて食べますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォークの背にライスを乗せて食べるの図。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

レストランなどでハンバーグセットやステーキセットといった洋食を注文すると、ライスが皿に盛られて出てくる場合が多い。茶碗と箸で食べてもライスであることに変わりはないのだが、皿のライスをフォークで食べると、“いかにも洋食”な気分を味わうことができる。

ところで、この皿に盛られたライスとフォーク。読者の皆さんは、どのようにして食されているだろうか。レストランなどで食事中の客を見るにつけ、多くはフォークの腹の部分にライスを乗せて食べているように思われる。

しかし、フォークの背の部分にライスを乗せて食べている客も時折見受けられる。普段、フォークの腹にライスを乗せて食べる筆者としては、フォークの背に乗せると食べづらいのでは、と思ってしまう(背に乗せて食べるのが当たり前の人にしてみたら、腹の方が食べづらいのかもしれないが)。そしてまた、洋食のマナーとしてフォークの腹と背、どちらに乗せて食べるのが正しいのか、ふと疑問にも思った。

そこで、まずはマナーに関して調べてみた。すると、皿に盛られた洋食形式のライスの正しい食べ方は「特に無し」であることが判明した。そもそも、欧米ではライスは主食ではなく、野菜の一種。日本のレストランのように、皿にたっぷりと盛られたライスを食べる習慣が欧米にはない。日本独自の食べ方であるがゆえに、決まったマナーは特に無し、というわけである。

ただ、ひと昔前まではフォークの背にライスを乗せて食べることが正しいマナーである、という認識が日本人の間に広く持たれていたようだ。
関連キーワード

ライター情報: 木村吉貴/studio woofoo

木村文章店店主。鎌倉を拠点にライター・コピーライター・作家として活動中。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2012年4月15日 07時00分

注目の商品