巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

インドに行くなら、“インド飲み”をマスターすべし!

ライター情報:味噌汁

インド飲み……水量の感覚や角度調節が大切!?

[拡大写真]

サッカーの試合中などでよく見られる、ボトルに口をつけずに水を飲む光景。あの、大きな口をあけてボトルの水を口めがけて流し込む部活中のような光景が、なんとインドでは日常的に見られるという。

インドでは老若男女問わず、ボトルの水を飲む際には大きく口をあけ、口に注ぐようにして飲む。これは街中でもオフィスでも学校でも同じように行われているという。この飲み方、通称「インド飲み」は、ペットボトルを飲むときのインド流マナーなのである。

インドの人達にとって水は、「共有のもの」という考え方があるという。一人が持っている水のボトルを回し飲みしたり、レストランでもテーブルに置いてある水差しから飲んだりするのはごく普通のことだそう。

そうやって、水を共有するに際して必要だったのが「インド飲み」なのだ。この、「ボトルに口をつけないで飲むこと」がマナーとなった理由は大きく2つある。

一つは、インド人が宗教上、「人が口を付けたものに、口をつけない」という考えを持っていることだ。
インド人の女性Tさんによれば、「宗教的に人が口つけた物は飲まない!あと、鍋とかみんなでつつく系のは無い! おばあちゃんでもインド飲み絶対するよ」とのこと。
よって、誰かに分けるかもしれないボトルには口を付けないでおくのである。
そして二つ目は、雑菌が繁殖するのを防ぐためである。インドの蒸し暑い環境下では、口を付けて飲んでしまうと、雑菌がボトル内に広まりやすく、水がすぐに腐ってしまう。
関連キーワード

ライター情報: 味噌汁

気づいたらライターになっていました。螺旋階段だけは苦手です。

2012年8月28日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品