巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

理想のお父さんは「自分の父親」! イマドキの女子高生は父親好き!?

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひなまつりのお祝いをすると家族の絆が強まると思う父親が多数!

[拡大写真]

父親が娘から嫌われるというのはよくある話。しかも思春期なら、なおさら。「お父さんのパンツと一緒に洗濯しないで!」なんて、おなじみのセリフを実際口にしたことのある女性もいるかもしれない。

だが、最近では父と娘の関係も変わりつつあるようだ。先ごろ、カルピス株式会社がおこなった「女子高校生と父親のひなまつりに関する意識と実態調査」では、なんと約6割の女子高生が父親のことが好きだと回答した。

同調査で女子高生に「父親のことを好きかどうか」と質問したところ、「好き」と回答したのが27.3%、「どちらかといえば好き」が32.5%に上り、全体の約6割が父親に好意的であることが判明。そのほか「どちらともいえない」が22.7%を占め、「きらい」の7.5%と「どちらかといえばきらい」10.1%を合わせた嫌悪派は約2割と少数派だった。

今回の調査のサンプル数は308と多くはないので、必ずしも現在の女子高生全体の傾向を表しているとは言い切れないが、それでもこの割合は見逃せない。

さらに驚くことに、「理想のお父さんは誰か?」という問いに対しては、「自分の父親」が、俳優の阿部寛さんと各13人でトップタイ。以下ランキングには、木村拓哉さん、関根勤さん、竹野内豊さん、反町隆史さんなど、そうそうたるメンバーが続く。

ちなみに、女子高生の父親好きが現れているのはこの調査だけではない。たとえば株式会社ロッテがおこなった「2013年のバレンタインデーに関する意識調査」でも、女子中高生はバレンタインデーのプレゼントを「恋人」や「恋人ではない好きな人」に渡すよりも多く「父親」に渡す、という結果が出ていた。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2013年2月18日 07時00分

注目の商品