巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

もうすぐ1周年! 日仏オランジーナはなぜこんなに違う? 

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

左が日本、右がフランスのオランジーナ。

[拡大写真]

1936年に誕生して以来、フランスの定番ドリンクとしてその地位を保っているオランジーナ。元はシュウェップス・インターナショナル・リミテッド社の商品だが、2012年にサントリーが日本で販売を始め、瞬く間に日本国内でも認知された。

世界にオランジーナが初お目見えしたのは仏南部マルセイユの見本市。スペイン・バレンシア出身の薬剤師トリーゴ博士の発明品から、仏領アルジェリア人レオン・ブトン氏が着想を得た。最初は「ナランジーナ(スペイン語で小さなオレンジ)」という名前だったが、その後「オランジーナ」になったそうだ。

現在約60カ国で売られている同商品、日本と本場フランスでどう違うのか。飲み比べてみた。

まずパッケージが異なる。日本のオランジーナは日本人がフランスに抱く、かわいらしい印象を全面に出したプリント。一方でフランスはスッキリした感じだ。中身にも明確な違いがあった。日本はジュース自体の色が若干濃く香りが強い。そしてフランスに比べて甘い。一方で、フランスは香りの主張はそこまで無いものの、炭酸が強くジュース内にあるオレンジの粒は多い。

日本はパッケージのイラスト通り、炭酸がまろやかで甘くかわいらしい味。フランスは炭酸が強めでさっぱりとした味。両者の違いは微妙なものではなく、明確に分かるレベルだった。これら両商品のイメージの違いは、公式ホームページを見ても明からで、日本が女子受けしそうなカラフルでポップな感じを全面に出しているのに対し、フランスは人の出で立ちをしたリアルな動物がメインだ。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年3月7日 08時00分

注目の商品