巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

日本人には理解がむずかしい? ベトナムの多彩な宗教観

タイニン省にあるカオダイ総本山

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

アジア圏の多くの国々は、昔から仏教を重んじてきた。特に東南アジアは「上座部仏教」と呼ばれる仏教に分類され、厳しい戒律がある。無神論者といわれる日本人でも、根底にあるのはやっぱり仏教だ。
しかし日本は「大乗仏教」の国で、他国とは違う大らかな教えである。そこまで強く宗教概念を持っている人は多くないだろう。周りを見ても、毎月寺院に参拝に行く人や、徳の高い僧侶の後ろで読経する人は、ほとんどいないのではなかろうか。

ベトナムも、日本と同じ大乗仏教が伝わった国だ。東南アジアではとても珍しいことである。
宗教分布を見てみると、人口の8割が仏教、残りの2割がキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教だ。名実ともに仏教大国で、現在でも足繁く寺院に参拝に行く熱心な仏教徒が存在するが、厳しい教えや戒律はない。

そんなベトナムで、最近話題なのが南西部で栄えている「カオダイ教」と呼ばれる新興宗教だ。仏教にもキリスト教にも、その他宗教にも属さない、世界的にも珍しい宗教一派である。
本山はホーチミンより南西に進んだ、タイニンという観光地にある。

注目すべきはそのシンボルマークだ。「カオダイの目」と呼ばれる三角形の中に瞳がある。これは漫画「20世紀少年」の「ともだち」のマークを彷彿とさせる。また、秘密結社「フリーメイソン」のシンボルマークにもソックリである。フリーメイソンとの因果関係は不明だが、多くの人はこれを見て「異質・気味が悪い」と思うだろう。
関連キーワード

2013年8月18日 07時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    カオダイ教が日本で布教されないのかな?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品