巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

女性の藝大生が一人で作った「昆虫交尾図鑑」。作者の長谷川さん登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『昆虫交尾図鑑』(飛鳥新社:12月7日発売) 作者は東京藝術大学デザイン科3年の長谷川笙子さん

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

虫たちの愛の営みを、繊細な絵とユニークな解説を交えて紹介した『昆虫交尾図鑑』(飛鳥新社)が12月7日(一部書店では6日)に発売された。作者は東京藝術大学デザイン科3年の長谷川笙子さん。それぞれの絵には、交尾を四十八手風に表した名前が添えてある。例えば『虹の架け橋』(トンボ)、『問答無用』(カマキリ)、『死にもの狂い』(ミナミアオカメムシ)等。虫たちの交尾を描こうと思ったきっかけは何だったのか?長谷川さんにお話を伺った。

――虫が交尾をしている絵は、繊細なタッチで実に綺麗に描かれていますね!
「虫の絵は2年以上前から描いていました。でも、色々と描いていくうちに、もっと完成度を高めようと思って、何回も描き直した絵もあります」
――『昆虫交尾図鑑』をつくろうと思ったきっかけは?
「授業で本をつくる課題が出ていて、テーマを何にするかを考えていた時に、目に飛び込んできたのが昆虫図鑑だったんです。図鑑って、真面目に書いてあるところが面白いし、繁殖、つまり「交尾」をテーマにした図鑑をつくったら、面白いんじゃないかと思いまして…」

虫というと、「気持ち悪い」「触りたくない」という感想を抱くかもしれない。しかし、たとえ違う種類だとしても、人類と同じ生き物には変わりないし、もっと敬意と愛情を持って接せられるのではないか。虫と人との共通点である『交尾』に、虫を理解できるカギがあるのではないか…と長谷川さんは考えたという。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年12月6日 07時00分

注目の商品