巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ビックリマン」悪魔VS天使の生みの親に聞いた極意 

老若男女、ファンの多い「ビックリマン」。特に1985年にスタートした「悪魔VS天使」シリーズは爆発的なヒットを生み出し、年間4億個を売り上げた年もあったという。シリーズ誕生30年を記念し、原画500点以上を掲載した『ビックリマン原画大全』(飛鳥新社)も発売され、渋谷パルコでは原画展も開かれている。嬉しいことに「悪魔VS天使」シリーズなどのデザインを手がけたお二人のインタビューが実現。早速、お話を伺ってきた。


▲手で描かれた貴重な原画。『ビックリマン原画大全』(飛鳥新社)より


まずは、お二人の簡単なプロフィールを。
米澤稔(写真:左)●1954年兵庫県姫路市生まれ。数社のデザイン事務所に勤務した後、1977年(株)グリーンハウスに入社。ビックリマン「悪魔VS天使」の全キャラクターイラストを制作。

兵藤聡司(写真:右)●1963年兵庫県尼崎市生まれ。自動車整備士などの仕事を経て、1984年(株)グリーンハウス入社。アシスタンドデザイナーを経て、「悪魔VS天使」のキャラクターイラスト制作に関わる。


▲『ビックリマン原画大全』(飛鳥新社)より。カラー絵も掲載。

――お二人が手がけた「悪魔VS天使」シリーズなどのイラストでは、たくさんのキャラクターが次々に生まれましたが、キャラクターイラストを考えるのは大変だったのでは?
兵藤さん「米澤さんがとにかく厳しくて、地獄だったんですよ(苦笑)。自分としては自信を持ったつもりで見せてもボツの嵐。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年8月26日 08時15分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品