巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

10代女子のLINE利用法が異次元すぎる 「了解」省略して「り」で返信


電車の中で女子高生がいつもスマホでLINEを触っているのを見かける。ひっきりなしにスマホが震えているが、友達にメッセージを送りまくるのは大変じゃないんだろうかと不思議になる。

だが、どうやら女子高生はLINEに適応した生き方をしているらしい。一日にやりとりする数が多い分、ひとつひとつのメッセージが超簡略化され始めたという。

「了解」を省略して「り」に


実際、10代女性はほかの世代と比べ、SNSを長時間利用している。総務省の調査によると、休日1日のソーシャルメディア利用時間は、10代の平均が95.0分。10代女性に限定すれば、なんと101.5分にもなる。10代のLINEの利用率は77.9%と、ほかのSNSと比べて圧倒的に利用頻度が高いそうだ。

そんな10代女子のLINE利用法を2015年8月26日放送のテレビ朝日系『女の体当たりサーチ番組 なぜ?そこ?』では、若者が集まる繁華街でインタビューをして調査していた。

それによると、
「了解」→「り」
「それってまじ?」→「そま?」
など、限界まで言葉を省略して使っているようだ。

待ち合わせをしていた時のものだろうか、インタビューに答えていたある女子高生のトーク画面には、「り」の後に友達から「今どこ?」という返信がきていた。まったく自然な流れで使われているようだ。

また、別の10代女子は、極端に短くした略語を使う理由として「(入力・変換して)送るのが面倒くさい」と答えていた。
関連キーワード

2015年8月31日 12時15分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品