巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ランドセルはいらない」児童養護施設のタイガーマスク運動に関するツイートが話題に

2016年3月22日 13時54分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドセルは自分で選ばせたい?(画像はイメージ)

児童養護施設に匿名でランドセルなどが寄付される「タイガーマスク運動」に対して、児童養護施設の保育士だという人物がTwitterで「正直に言わせて頂きます!ランドセルはーいらないー」と訴え、話題になっている。



このTwitterユーザーの投稿によるとタイガーマスク運動の影響で、多くの人がランドセルを寄付してくれるが、「施設の子は洋服なども古着が多く、あまり買ってあげられません。小学校を通して使うランドセルくらいは本人と一緒に選んで買ってあげたい」としている。

他の関係者とみられる人物も反応。「ランドセル、学用品、衣類、寝具はいりません。税金から新品を買います。本人の希望をもとに選びます。中古品は申し訳ありませんが規定で廃棄します。露骨ですみませんが、下さるなら現金または児童全員に行きわたる量の季節の果物をお願いします」とツイートした。

衣服などを突然送るのについても、サイズや好みはそれぞれだから「受け取る側のニーズに合っていなければ意味がない」うえ廃棄費用がかかってしまい困るという。「贈る人が善意のつもりでも相手には迷惑な場合もあるので、まずとにかく何が必要かを問い合わせてほしい」という。最初にランドセルの寄付を始めた「伊達直人」を批判しているわけではなく、「寄付が広まるための大切なきっかけを作って下さった」と感謝を述べている。



一連の投稿は反響を呼び、千葉市市長の熊谷俊人氏も「寄附の気持ち自身は大変素晴らしいものですが、同じ寄附するのであれば寄附先が最も必要とするものを寄附したいですね」とツイートしている。
(高田タケシ)
関連キーワード

注目の商品