実写版『魔女の宅急便』待望のキキ写真解禁! 黒いワンピース、長いほうきと原作通り

2013年5月31日 05時00分 (2013年6月1日 10時34分 更新)
 先日、実写化が発表され話題沸騰の映画『魔女の宅急便』。このたび、待望のキキのスチール写真が公開された。

【関連】ジブリアニメ版『魔女の宅急便』フォトギャラリー

 1985年に児童文学として第1巻が発表された『魔女の宅急便』。2009年に発売された第6巻で完結し、現在までに国内では累計180万部(1~6巻)を売上げ、27年間にわたって大人から子供までの幅広い層に読みつがれている。加えて、本作は日本だけでなくアジア各国、北米、ヨーロッパでも翻訳版が出版され、主人公のキキや黒猫のジジは、いまや世界中の人々の認知を得るようになった。

 今回、解禁されたスチール写真は、キキを演じる小芝風花の撮影初日に、キキの実家玄関前で撮影。「魔女の服は、黒の中の黒と昔から決まっているの」という、キキの母親のセリフにある通り、黒いワンピース姿で、キキの身長よりも長いほうき、配達の際に使うかばんを持っての撮影となった。また、今回の実写化にあたり、清水崇監督より、キキは野生児っぽい女の子にしたいという意向があったため、切りっぱなし感の残るバラバラの髪の元気一杯のキキが完成した。

 スチール撮影を終えた小芝は「“魔女の服”を本番で着たのは今日が初めて。“いよいよ始まる!”という感じで、すごくわくわくしました。撮影はまだまだ続きますが、私らしくキキを演じて、キキと一緒に成長できたらと思っています。とにかく、一生懸命がんばります!」と意気込みを語る。

 原作者の角野栄子は小芝のキキについて「風花さんに会って、ひとみの中に強い意志と何か憂いがひそんでいるのを見たとき、この人からどんなキキが生まれてくるかと、心がときめきました。スケートできたえたという体で、どんな飛び方を見せてくれるでしょう。たのしみです。『風』という字をすでに持っている風花さん、この「魔女の宅急便」という映画をほうきにして、大きな世界に旅立って下さい」とエールを送った。

 『魔女の宅急便』は2014年春公開

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品