7

ヘイト出版社・青林堂の社内パワハラをNEWS23が報道! ネトウヨよ、目を覚ませ、ヘイトとブラックの親和性

2017年2月8日 19時30分 (2017年2月13日 20時59分 更新)

青林堂 GARO WEB公式サイトより

[拡大写真]

 青林堂で起きている社員へのパワハラが、2月6日放送の『NEWS23』(TBS)で特集され、話題になっている。青林堂といえばかつては伝説のサブカル漫画誌「ガロ」(休刊)の版元であったが、1999年に現社長の蟹江幹彦氏が経営についてからというもの急激に右旋回。とりわけ近年では、在特会の桜井誠元会長の著書『大嫌韓時代』や、よく萌えキャラが表紙に登場するネトウヨ雑誌「ジャパニズム」など、嫌韓反中本やヘイト本を量産している出版社として知られる。

『NEWS23』の特集では、主に、青林堂に勤めていた男性(48)にスポットが当てられた。大学卒業後、複数の出版社を渡り歩き、長年営業の仕事をしてきた男性。2000年に青林堂に入社し2年後に一度は退社したが、14年、ひょんなことから契約社員として再入社することになったという。

 ところが、再入社後、営業に関わる社員の意識改革につとめたという男性に対し、蟹江社長や専務(蟹江社長の妻)が悪口を言うようになったという。そして、入社から半年後の15年12月、青林堂は営業成績や勤務態度に問題があり、契約違反の行為がなされていたとして解雇を通告。男性は、労働組合「東京管理職ユニオン」を通じて裁判所に地位保全の仮所処分を申し立てて、裁判所は解雇を無効とした。男性は退職も考えたが、会社側とのやりとりのすえ、復職にいたったという。

 しかし、復職後の男性を待っていたのは、あまりにも陰湿なパワハラだった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    ソース~リテラ・・・ 解散!

    2
  • 匿名さん 通報

    韓国も青林堂もクソ 両方滅びろ これがネトウヨからのコメントです ネトウヨ批判にもっていきたいための無理な記事はバレバレ

    2
  • ネトウヨ 通報

    長すぎ。ネトウヨを頼ったらパワハラみたいな意見かな?

    1
  • 匿名さん 通報

    で、なんで仕事させたいのに外出禁止と通信環境取り上げたわけ?韓国ではいじめがひどいそうだけど

    0
  • 匿名さん 通報

    ネトウヨという存在に対する偏見に満ちた観点と、個人に対する誹謗中傷を見るとこの記事がどこまで信憑性があるか疑問だな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品