0

「ゆとり教育」は間違いだったのか?

2015年2月21日 17時00分 (2015年2月24日 17時47分 更新)
文科省が「ゆとり教育」の方針に欠陥があったことを認めた

2月12日、文部科学省は「小学生の定着度合いを調べた実施状況調査」の結果を公表しました。この結果は「脱ゆとり」と呼ばれる現行学習指導要領の成果を見定める一つの参考になるものですが、旧指導要領だった2005年公表の前回調査より学力、学習意欲ともに向上が見られました。

同省は「新課程の狙いが着実に浸透している」と分析しており、学力・学習意欲の測定においては、実質「ゆとり教育」の方針に欠陥があったことを認めたことになります。

ディベート力も論理構成力も、基礎学力に基づいたもの

そもそも「ゆとり教育」とは何だったのでしょうか。簡単に言えば、知識の暗記に費やしていた時間を一部削って、生徒の自主的な行動に支えられた「考える力」を伸ばそうとする教育です。

生徒の勉強の負担を減らし、その分、心の余裕を確保し、より自由な発想を育む。このことは、国際社会で通用し得る真の学力形成が求められる現代では、決して間違った方向ではありません。しかし、海外で求められるディベート力もユニークな論理構成力も、基礎学力に基づいたものであるという点が、「ゆとり教育」では軽視されていたと言わざるを得ません。

ゆとり教育によって、オリジナル性の高い発想がどんどん生まれるかのように説明した文部科学省をはじめとする教育行政の責任は少なくないはずです。

「詰め込み型教育」へ逆戻りしても問題を解決することはできない

では、これから教育はどうなるのか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品