「それでも電通に行きたい!」マスコミ志望の女子就活生の本音

2017年1月25日 13時45分 (2017年1月27日 12時16分 更新)

※画像はイメージ

[拡大写真]

女性社員が自殺したことが過労による労災と認められ、労基署による強制捜査まで行われた電通。長時間労働が強いられる過酷な実態が明らかになってきて居る同社だが、昨年度期で1274万円という国内トップクラスの平均年間給与と、CMやテレビ番組・映画の制作に携われるという華やかな印象から、就活生からは憧れの的だ。

筆者は、そんな電通を第一志望だという女子就活生から話を聞いた。本音に迫っていきたい。

取材に応じてくれたサヤカさん(21歳・仮名)は都内有名私立大学に通う3年生。すらりとした長身の彼女は大学ではダンスサークルに所属し、学園祭の季節には毎年、煌びやかな衣装に身を包んで公演を行っている。バイトではイベントコンパニオンを務め、人前に出たりイベントごとを手がけるのが好きなサヤカさんは、最近就職活動を始めた。第一志望はズバリ、「マスコミ・広告系」だ。夏にはテレビ局のインターンにも参加したという。

――ズバリ聞くけど、テレビ局とか広告代理店って、もの凄く激務って言われてて、今特に電通のえぐい勤務実態について毎日のように報道されてるよね。それでもいきたいんだ?

うーんそうですね、私ってそんなにプライド高いわけじゃないので、上司に厳しく詰められたりしてもそれで精神を病んじゃったりすることはないんじゃないかなあって思ってます。どうせ仕事できないやつだししょうがないなあ、ってなんとなく周りに諦めてもらえて、それでやっていけるんじゃないかなあ。

――いやいや(笑)かなり気楽に構えてるんだね

そもそも、マスコミ系が激務で、1年目は全然家に帰れないとか、何日も連続で徹夜するとかは前から言われてたことで、志望者の間でも当たり前になってます。私の周囲のマスコミ志望者では、今回の電通の報道を見て志望するのを辞めた人は見たことないですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品