週3日会社にくればOK? 育児との両立がしやすい「A2 Healthcare」の魅力

2017年1月25日 13時45分 (2017年1月28日 13時16分 更新)
「医薬・医療の発展と人々のQOLの向上に貢献」することをモットーとし、製薬メーカーをサポートするCRO業界でリーディングカンパニーとして注目を浴びている「エイツーヘルスケア(以下、A2 Healthcare)」。再生医療、新薬開発といった社会的責務を担う業界において業界内外から信頼を集めている「A2 Healthcare」のそのベースには「人材=人財」ととらえ、柔軟に働ける環境がありました。
今回は、子育てをしながら臨床開発のプロジェクトリーダーとして活躍するS.Kさんに、「A2 Healthcare」の本当のトコロを教えていただきました。
お話を伺った臨床開発第一部 プロジェクトリーダーS.Kさん

■どこを切り取っても女性が活躍しやすい仕事

「A2 Healthcare」の執り行っている「CRO事業」は、製薬会社が医薬品開発のために行う臨床開発を受託・代行するのが主な仕事です。そのCROの中で「モニタリング」という業務に私は長年、携わってきました。そのモニタリング業務を実施する職種である「CRA」は、臨床試験を受託する医療機関を探したり、実際に医療機関で実施されている臨床試験が条件に準拠して行われているかを調査、確認するのが主な仕事で、これらをこの業界では「モニター」と呼んでいます。

実施医療機関がきちんと治験を実施できるか? 継続できるか? また計画書を遵守しているか、医師が責務を果たしているか? それらをモニタリングしながら、医療用医薬品の日本国内での承認、認可を1日も早く取るために製薬会社などのクライアント企業から仕事を受注し、臨床開発を進めていきます。
業界全体でみても、もともとモニターには女性が多く、女性が活躍できる側面が多々あります。製薬会社の担当者と医療機関の医師。そのプロフェッショナルとプロフェッショナルをつなぐのがまずは大きな役割なので、女性が持っている柔軟性や協調性、また調整能力といったものが活かしやすいのかもしれません。
また女性は結婚や出産、子育てとライフステージでライフスタイルに影響を受けやすいものですが、モニターは一人前になれば、ある程度、自分の裁量でスケジュールを組むことができるので結婚しても出産しても働き続けやすいという特徴があります。

注目の商品