0

GACKT 歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せた“LAST VISUALIVE”最終日/レポート

 

GACKT/【GACKT WORLD TOUR 2016『LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle】ライブレポート
2016.07.03(SUN) at さいたまスーパーアリーナ
(※画像8点)

「命を懸けてみんなに届けたい、何か特別なものをみんなで探したい」(GACKT

7月3日(日)、さいたまスーパーアリーナにて、約4か月に及んだ『GACKT WORLD TOUR 2016「LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle」』のファイナル公演が行われた。“VISUALIVE”とは、音楽、映像、パフォーマンスによって総合的に表現されるGACKTオリジナルのコンセプトツアーで、前作からは7年ぶり。まさに待望の開催となる。音楽のみならず、これまで自身が生み出して来た舞台作品や映画を包括する“MOON SAGA-義経秘伝-”という世界観を軸に、徹底的につくり込まれた4時間以上に及ぶステージ。GACKTは歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せて、壮大な物語へと12,000人の観客を誘っていった。

16時15分、GACKTの舞台作品『MOON SAGA‐義経秘伝‐第二章』の映像で第一部が幕開けた。「なぜ人は同じ過ちを繰り返すのか?」などと、殺し合いを止めない人類の根源的な愚かさを問い掛けるナレーションに続き、野に咲く花を踏みつけて戦場に赴く男たちの姿、やがて、何本もの矢が体に突き刺さり呻く源義経GACKT)が映し出される。

関連キーワード

2016年7月11日 19時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品