0

小学生の服代とスカート丈が急上昇中 月10万円、膝上10センチも…

2014年6月15日 21時40分 (2014年6月19日 20時23分 更新)

※人気の小学生ファッション誌「JSガール」。シーンをけん引する存在だ。

いまでは小学生の女の子が、ギャルのようなオシャレを楽しむ時代。だが、それで一番ダメージを受けるのは当然ながら親。経済的にも、世間的にもトラブルになることが多いという。

「うちの小学3年生の娘が、月に1、2万円の服代じゃ少ないってヒステリーを起こすんです。『クラスには月に3、4万円かけている子もいるのに』って…。うちはダンナが甘いからついついお金を渡してしまうので、よくそのことでケンカになっています」(世帯年収500万円 30代 主婦)

洋服代の平均は、成人男性で月3000円~5000円、女性でも10000円程度と言われている。まだ稼ぎのない小学生に月数万円は高すぎる印象だ。塾などの“みになる”ものならまだしも、というのが我々親としての率直な感想だろう。

子どもたちがこういった意識を持つのは、小学生ファッション誌の影響が大きいと言われている。現在では、JSガール、ドリームガールズ、ニコプチなどが存在。読者モデルの女の子たちは、ファッションに敏感な女子小学生にとってカリスマだ。

これらのファッション誌に出ている服は安い服もあるが、中には当然ながら大人用と変わらない値段のものもある。それにまだ成長途中であるから、すぐに着られなくなってしまうのだ。

「はじめは安い服で我慢していたのが、今じゃ『ユニクロなんて絶対イヤ』なんていう始末。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品