中居正広がキムタク批判!? 生謝罪の2日後、「あいつのやり方は納得がいかない」とこぼしたとの目撃談

2016年2月1日 22時00分 (2016年2月7日 11時56分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ局はもちろん、スポーツ紙、「週刊新潮」「週刊文春」までが、ジャニーズ事務所側について大本営情報を垂れ流し続けたSMAP解散報道。そんな中で、本日発売の「週刊現代」(講談社)2月13日号が興味深い記事を掲載した。

 ジャニーズ事務所の元社員が登場して、今回の騒動と事務所の内情を暴露したのだ。

「今回の騒動は飯島さんが元凶のように扱われていますが、それは違う。飯島さんは自ら望んで独立しようとしたわけではなく、ジャニーズを出て行かざるを得ない『事情』があったんです」

 今回の独立騒動を主導したとして退社に追い込まれた飯島三智マネージャーだが、上記コメントは彼女を知るというジャニーズ事務所元社員A氏のものだ。A氏によれば、娘の藤島ジュリー景子副社長を次期社長に据えると決めたメリー喜多川副社長だが、一方でその手腕を発揮していた飯島氏の存在に危惧を抱いていたこと、さらに昨年1月の「週刊文春」誌上でメリー副社長が飯島氏を公開叱責したことで本格的に独立に動かせざるを得なかったこと、しかも順調に進んでいた独立計画がキムタクの"裏切り"で頓挫してしまったことなど、騒動の"真相"が語られている。

 元社員A氏による内部告発は、これまで本サイトが指摘してきたことと見事に一致するものだった。内部の人間から見れば、当然そういう結論になるだろう......と納得していると、だが驚いたのは、この告発の次に掲載されている記事だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)