ガッカリした全国のご当地銘菓ランキング

2015年8月7日 07時00分 (2015年8月14日 07時06分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガッカリした全国のご当地銘菓ランキング

[拡大写真]

ご当地の銘菓やスイーツなどは、その地域ならでは特産品を使用しているものも多いため、ぜひ食べてみたいという人も多いのではないでしょうか。しかし時には、期待して食べてみたものの「あれっ?想像していた味と違う」とガッカリしてしまうことも。そこで、全国のご当地銘菓の中でガッカリしたものについて調査してみました。

■ガッカリした全国のご当地銘菓ランキング
1位:ういろう(愛知県)
2位:ちんすこう(沖縄県)
3位:雷おこし(東京都)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
ランキングページでは画像付きでご紹介いたします。

1位は《ういろう(愛知県)》が選ばれました。米粉を原料にした蒸し菓子で、抹茶や黒糖、小豆あんなど味のバリエーションも多く、小田原や伊勢、京都や宮崎など全国各地で販売されています。ぷるんとした食感が特徴ですが、想像していた味ではなかった…とガッカリしてしまう人が多いようです。

2位には《ちんすこう(沖縄県)》がランク・イン。沖縄県を代表とするお土産の一つで、サクサクとした食感と一口大のサイズ感が人気のお菓子です。紅芋味やチーズ、パイナップルなどバリエーションも豊富ですが、意外と味が一辺倒だったり、思った以上にパサパサしているので、「もっと水分がほしい…」という人もいるかもしれませんね。

3位は《雷おこし(東京都)》でした。東京の下町、浅草の雷門に由来した縁起もののお菓子で、ピーナッツを水あめと砂糖で練り込んで固めたものです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)