今注目のアプリ、書籍をレビュー

エロ漫画界の座敷わらし、三峯徹が「タモリ倶楽部」に登場!

2010年9月6日 11時00分

ライター情報:たまごまご

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしエロ漫画雑誌を持っている人がいたら、投稿欄を開いてください。おそらく、三峯徹氏のイラストが載っているはず。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

あの三峯徹氏がテレビ出演することが決定しました。

と言ってもわからない人も多いかもしれませんので簡単に解説しておきます。
エロマンガ雑誌を読んだことのある人なら、100%見ていると言っていいイラストがあります。
その作者こそが三峯徹氏。どこに載っているかというと、エロマンガ雑誌の投稿欄です。

彼は漫画家ではありません。いわゆる「ハガキ職人」です。まあ、雑誌に投稿をして掲載されることだけでもすごいことですが、この人は格が違いすぎます。
なんせほぼ全てのエロマンガ雑誌に、毎号掲載されているのです。しかも1989年からなので、21年以上だ! 21年間欠かさずだ! どの雑誌を開いても必ず現れる独特なイラストに驚愕せずにはいられないよ!

ペンネームを時々変えることもありますが、この特徴のある絵を見間違うはずがありません。
一体21年間、トータルで何枚投稿したのでしょうか……その根気には恐れいります。
イラストの横にさらっと添えた短文も特徴。その絵柄はほとんど変わっていおらず、なぜか数多くのファンが生まれました。
三峯徹非公式ファンクラブ
興味がある人は、一冊エロマンガ雑誌をコンビニで買って投稿欄見るといいです。ほぼ載ってますから!
一部では著名すぎる人物なのですが、その存在はヴェールに包まれたままでした。まるでエロマンガ雑誌の座敷わらしのような人だったのです。

ところが、なんと10月15日の「タモリ倶楽部」に、この三峯徹氏が登場することが判明。
タイトルは「エロ漫画界幻のハガキ絵師・三峯徹伝説」。まさに生ける伝説!

ぼくは一度だけお会いしたことがあるのですが、非常に優しそうな方でした。サインと共に添えてくれた短い詩を見て「ああ、本当に存在するんだ」と感動をしたものです。
なかなか人前に出てくる機会のない(ハガキ職人だから当然なんですが)三峯徹氏を見る非常に貴重なチャンス。10月15日の放送に期待が高まります。(たまごまご)
関連キーワード

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

注目の商品