今注目のアプリ、書籍をレビュー

待ちガイルが青春だった時代がたしかにあった『ハイスコアガール』

2012年3月7日 11時00分

ライター情報:たまごまご

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤニ臭くて薄汚れた、男たちが命を燃やしてスト2をやるゲーセンに生きる少年……その目の前に現れたのは、クラスの無口な優等生少女。俺の世界に入ってくるんじゃねえ!そんな思いを胸によぎる思いは? 90年代ゲーセンが蘇る「ハイスコアガール」は極上のゲームラブコメディだ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

ぼく、初代「ストリートファイター2」出た時ブランカ使ってました。
なんでかっていうと、昇竜拳のコマンドを入れられなかったから。ほら、タメコマンド(後ろにためて、前にレバーを入れると同時にボタンを押す)便利じゃん。けれども初代ってローリングアタックの最中に攻撃くらうとダメージ二倍でめっちゃ減るんだよね。
そういえばSNKの宣伝って「100メガショック」だったけど、今はもうすっかり超えてビックリだよね。
……という話に「あったあった」と思ってくれる人は、今はアラサーといったところでしょうか。
幼少期にファミコンが出て、中高生でゲームボーイ。スーファミとPCエンジンとメガドライブが登場し、ゲーム業界が一気に活気づいたそんな時代、90年代初頭です。
ヤンキーのたまり場的イメージと、インベーダーゲーム亡き後パックマンやドルアーガの塔などで盛り上がりはしたもののやはり薄暗い空気をまとっていたゲーセン。それが、スト2の登場で一気に人でごった返し、格闘ゲームブームが来たものです。劇的な変化でした。

ねえほら、思い出して。
スト2を、餓狼伝説を、サムライスピリッツをやっていたとき。目の前のゲームに激しくドキドキしていなかった?
なけなしのお小遣いを入れて、人生の全てを費やすような気持ちになった思い出、ありませんか。

押切蓮介の『ハイスコアガール』は、ゲーム大好き少年と少女の物語です。
以前にも『ピコピコ少年』という作品で、自伝的にゲーム好き少年時代を描いた押切蓮介。その集大成ともいえるのがこの作品です。
ゲームを軸としたラブコメなので、この時代ドンピシャの少年少女じゃなくても楽しめるのがポイントなんですが、やはりアラサー世代への訴えかけの直球っぷりは尋常じゃないですよ。
画面の隅から隅まで、会話の一つ一つまで、ゲームネタで詰まってますもの。今はほとんどないですが、昔は駄菓子屋や本屋さんにもスト2やSNK格闘ゲーム筐体が外にむき出しであったものです。そんな90年代の光景がバッチリ描かれています。

主人公の少年ハルオは、学校ではなんの取り柄もない子なんですよ。勉強はダメ、運動もだめ、センスもないしかっこよくもない。全然いいところなし、灰色の少年時代です。
けれど彼の目はイキイキしているんです。なんでかというと、近所のゲーセンでガイルを使って勝ち続けていたから。
彼にとってのゲームは生きがいで、あらゆる辛いことを忘れさせてくれる貴重な……いや、小学生男子はバカなのでそこまで考えてないか。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

注目の商品