今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ドカベン・ルール」で話題騒然甲子園、まだまだある水島新司の予言的展開

2012年8月15日 11時00分 ライター情報:オグマナオト

「ドカベン・ルール」こと「ルールブックの盲点の1点」が描かれているのが『ドカベン』35巻。
この巻はたぶん“球界初”のビデオ判定が導入されるなど、事件の多い一冊。ドカベンファンならずとも野球ファンなら必見です。

「つまり 次のルールが適用される」by土井垣 将

13日の甲子園・済々黌高校 対 鳴門高校で生まれた「ルールブックの盲点の1点」。ネットニュースやスポーツ新聞等で散々取り上げられていますのでご存知の方も多いと思います。
7回、1死一、三塁の場面。バッター西選手の打球がショートに好捕され、 一塁に転送されて走者が戻れずアウト。ところが併殺でチェンジとなる前に、帰塁せずにスタートを切っていた三塁走者の中村謙選手が本塁を踏み、この得点が認められた。というプレーです。
スポーツ新聞各紙を読み比べましたが、サンケイスポーツに掲載されていた以下のコメントが最も味わい深かかったのでご紹介します。

「小学校のとき、ドカベンを読んでルールは知っていました。(得点が)認められるまでドキドキしましたけど」中村謙は笑顔で、さらに続けた。「自分たちはあまり打てないので。そういうものでも点を取りたくて練習していた」。高校野球の古典漫画の名場面を全員で頭と体に刷り込んできた。

そう、このプレーが話題なのは「珍しいプレーだから」という以上に、『ドカベン』で同様のプレーが描かれ、そこで広く認知されたルールである、という点に尽きるでしょう。「ドカベン・ルール」とも呼ばれるこのプレーが描かれたのは1978年、山田たち明訓高校と、同じ神奈川県のライバル・不知火擁する白新高校との試合です。詳しくはコミックス35巻文庫版なら23巻)でご確認いただきたいのですが、その際、このプレーを解説してくれる明訓高校・土井垣監督から発せられたのが冒頭の言葉。今後、色んなところで登場する予感がしますので、是非とも憶えておきましょう!

ちなみにこのプレー、『ドカベン』までさかのぼらなくても、現在「スピリッツ」で連載中の高校野球漫画『ラストイニング』27巻でも同様のプレーが描かれ、“ドカベン再び”と話題になったばかり。でもやっぱり、みんな思い出すのは『ドカベン』なんだ、というのが面白いですよね。
『ドカベン』に限らず水島漫画は、御大・水島新司先生の豊か過ぎる想像力が生み出すドリームワールド、と思われがちですが、実は、不確実で複雑な野球というスポーツをとことんまで知り尽くしているからこそ描くことができる、まさに野球の教科書なのです。かの清原和博も水島先生との対談において「僕はドカベンから四番打者の心得を学んだ」と語ったのは有名なエピソード。だからこそ、『ドカベン』で描かれた特殊なプレーや設定が現実世界でその後繰り返されるという「水島予言」が生まれるのです。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品