今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

『出ない順 試験に出ない英単語』のひどすぎる例文

2013年1月15日 11時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ

『出ない順 試験に出ない英単語』(飛鳥新社)
誇らしげに「出ない順」「試験に出ない」と謳っているのだが、どういうつもりだろうか。

[拡大写真]

季節の変わり目に必ず新しい服を購入しているのですが、最近買ったコートは完全に大失敗で。何せ、全然温かくない。確かに軽いけど、ただ軽いだけ。スッカスカじゃねえか! っていう。防寒着として、全く役に立たないブツ。

あと最近、新しく本を買いました。これが、明らかに使えない一冊で。というか、ハナからそれを売りにしてる。何しろ、タイトルが『出ない順 試験に出ない英単語』である。
っていうか、なんで出ない順にしてるんだよ? 間違いなく、受験生は読まないであろうテキスト。ただ、私は試験を控えていないわけです。そんな自分は、いつこのテキストを読むべきなのか。……今でしょう!

そんなこんなで早速ページを開くと、一番目に紹介されている英単語がいきなり「salmon carpaccio(サーモンカルパッチョ)」である。二番目は「dump(うんこ)」だし、三番目は「pillow talk(ピロートーク)」。なに、コレ……。

どうやら、これが“出ない順”らしい。っていうか、なんで出ない順にしてるんだよ? 何度でも言うけど。
その辺り、同書のまえがき部分にてしっかり説明されておりました。
「TOEICに代表される資格試験の成績を社内の昇進要件に採用する企業が増えるなど、このような資格試験への対策が報酬や出世に直結するという、由々しき事態が生じています」
「まさに今、短時間で効率的に試験対策ができる教材が求められていると言えます」
「そんな時代の要請に応えるのはとても大変なので、本書はそうした任務を他の出版物に譲り、逆に『最も非効率な教材』の作成を目指して編集されました」

確かに、非効率だ。だって、例文がどれもひどすぎる。例えば「panty line(パンティライン)」という単語を覚えるための例文が、ひときわアレなんです。
「Just for future reference,may I check your panty line?」
(後学のために、パンティラインをチェックさせてもらえませんか?)
「panty line」という単語を今さら覚える必要もないし、「reference」という単語はひょっとしたら試験に出そうじゃないですか。

他にも、まだまだあります。
「Bob secretly replaced the assistant manager’s treasured Chocorooms with Chococones.」
(ボブは係長が大事にしていたきのこの山を、こっそりたけのこの里に交換した)
「Enough Mario Kart,let’s resume surgery.」
(マリオカートはこれくらいにして、手術を再開しましょう)
「Please turn off your pink rotor near the priority seat.」
(優先席付近では、ピンクローターの電源をお切りください)
一番上は「Chocorooms(きのこの山)」、二番目は「Mario Kart(マリオカート)」、三番目は「pink rotor(ピンクローター)」を覚えるための例文である。
関連キーワード

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品