今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

漫画雑誌「もっと!」がどうかしている、すばらしい

2013年3月22日 11時00分 ライター情報:たまごまご
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤潤二、花沢健吾、漫☆画太郎……なんだこの漫画雑誌は? 秋田書店エレガンスイブ増刊の『もっと!』vol.2のラインナップがおかしいと評判に。実際のところ何がどうすごいのか、面白い本になっているのか。作家と作品をチェックしてみよう。

[拡大写真]

『もっと!』がおかしい。
ネットの一部で話題になっているこの雑誌。表紙はかわいらしい、『花のズボラ飯』で有名な水沢悦子(以下、うさくんっていうの禁止)のイラストになっていて、一見すごみがわかりません。
「エレガンスイブ」の増刊で、多分一応おそらく女性向け雑誌棚に並ぶでしょう。

しかし、1ページ表紙をめくると、この雑誌が何をしようとしているのかわかるはずです。
そこにあるのは、『空が灰色だから』の作者・阿部共実が描く、スカートだけはいた半裸で顔のない少女達の群れのイラスト。身体にはドット模様。
添えられているのは、「処女が集まって作った処女性に関する処女作」というキャッチフレーズでデビューした新鋭「少女映画」監督の山戸結希の詩。
「太陽のない海で、人は踊ったりできるでしょうか……」
あかん。
この雑誌劇薬だ。

作家陣が発表になった時から話題になった雑誌でした。
どのくらいかというと、作家陣発表時にこの本に連載しているきづきあきらがTwitterで「すみませんが、うちが完全に浮くラインナップになってきたんで、うちの読者さんもどうか買ってください…。応援がほしいです…」とつぶやくくらいです。
そうは言いますけど、きづきあきら・サトウナンキのマンガ『暁の明星』自体、アンシャンレジーム期ヨーロッパで、仮面の貴族が見守る中、女性が全裸で股を開く、というとんがりまくったマンガなんです。すごいですよ。
それをしても、「浮く」と言ってしまうこの雑誌、何がどうすごいのか作家を取り上げながら説明してみます。
 
漫☆画太郎
マンガではなく一枚イラストなんですが、『画太郎cover girl』と題して、今回は『花のズボラ飯』のヒロイン花を描いていますが、まあどうみても似せる気ないよね!
漫☆画太郎と言えば『珍遊記』でご存知のかたや、マキシマムザホルモンのジャケットで見たことある人が多いかもしれません。秋田書店だとピエール瀧原作の『樹海少年ZOO1』『ブスの瞳に恋してる』などがありますが、どちらも怪作。
漫F画太郎名義の『罪と罰』なんて完全に表紙詐欺です(漫☆画太郎的には褒め言葉です)。
そんな漫☆画太郎にイラストをなぜ女性向け雑誌に引っ張ってきたのかの真意が全くつかめないのですが、問題は「Vol.1」と書いてあるところ。つまり次号には2があるということですね。
どのマンガのヒロインが生贄……じゃなくて題材にになるのか楽しみです。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品