今注目のアプリ、書籍をレビュー

小保方晴子「涙の電話」のその後。STAP細胞捏造疑惑の背景を考える

2014年3月11日 10時00分

ライター情報:近藤正高

このエントリーをはてなブックマークに追加

「文藝春秋」2014年4月号
STAP細胞をめぐる論文捏造疑惑を受けて、理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーとともに論文を執筆した若山照彦・山梨大教授へのインタビュー記事を掲載。タイトルが「小保方さんがかけてきた涙の電話」といささか感傷的なのが気になるが、これは小保方の共同研究者に対する心遣いをうかがわせるエピソードからつけられたもの。詳細は誌面でぜひご確認を

[拡大写真]

今年1月にイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、理化学研究所(理研)の小保方晴子・研究ユニットリーダーと米ハーバード大学の研究者らのチームが「STAP細胞」(刺激惹起性多能性獲得細胞)の論文を発表した。この論文をめぐっては発表からしばらくして、データに不適切な点があるとの指摘がネットを中心にあがっていたが、ここへ来て大きな動きがあった。3月10日、論文の著者の一人である若山照彦・山梨大学教授が「研究の根幹が揺らぎ、確信が持てない」として、論文の撤回を小保方ら共著者たちに呼びかけたというのだ。翌11日未明には、理化学研究所が論文撤回も含め検討していることが報じられた(「47NEWS」2014年3月11日0時50分)。

折しも3月10日発売の「文藝春秋」4月号には、「STAP細胞捏造疑惑に答える 小保方さんがかけてきた涙の電話」という、前出の若山教授へのインタビュー記事が掲載されている(聞き手は科学ライターの緑慎也)。そこで若山は批判の内容を、《一つは論文で使用した画像に使い回しや加工の痕跡など、おかしなところがあるのではないかという点》《もう一つは小保方さんの実験が再現できないという点》に大きく2つに分け、それぞれ関係者の立場から弁明していた。

まず、実験が再現できないことについて、若山は当初から議論になることは想定していたという。若山はその理由として、1998年に自分が作製に成功したクローンマウスを例にあげている。この前年、イギリスの研究者グループが世界初の体細胞クローン羊「ドリー」の作製に成功、「ネイチャー」に論文を発表していたが、その後しばらく誰も再現実験には成功しなかった。そのため、論文に対し捏造だと疑われるほどだったという。だがその疑惑も、若山らの体細胞クローンマウスの論文の発表をきっかけに払拭されたのだ。

この体験から若山は、《科学の実証はそんな簡単なものではありません。発表して間もないのに、こんなに大騒ぎになる方がおかしい》と、STAP細胞の論文発表後の国内での騒ぎをやんわり批判する一方で、《僕たちが「(STAP細胞の)作り方は簡単。紅茶程度の弱酸性の液体に浸けるだけ」と強調しすぎたこと》に反省の意も示している。

だが、論文に不適切な点があったとすれば、実験を再現するどころの話ではなくなる。「文藝春秋」の記事中、若山は、論文に掲載された画像について一部で誤ったものを載せてしまったことを認めつつ、《パッと見れば明らかに間違いだと気がつくもので、偽装の意図はまったくなく、単純ミスのレベル》と述べている。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

注目の商品