今注目のアプリ、書籍をレビュー

「美味しんぼ」は、なぜ「福島の真実」編を描くにいたったのか。超ていねいに振り返ってみた

2014年5月21日 10時30分

ライター情報:杉村啓

このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しんぼ110巻 福島の真実(1)
2011年11月~2012年6月までの取材を元に構成された「福島の真実」編の上巻。シリーズの半分が収められている。

[拡大写真]

もはや雑誌の枠だけではなく、連日のようにテレビや新聞などでも報道されている今回の「美味しんぼ 第604話 福島の真実」編の騒動。

事の発端は、4月28日発売のビッグコミックスピリッツ誌に掲載された「福島の真実 その22」において、主人公の山岡士郎とその父親の海原雄山が福島取材から帰ってきたら体がだるく、鼻血が出たというものです。これが「福島に行ったら鼻血が出る」という風評被害ではないかと大きく話題になったのでした。

あまりにもショッキングな描写だったためか、1ページだけが切り取られた画像がインターネット上に出回り、そこだけを見て叩くという人も多く出ました。でも、1ページだけを見て作品のことについてあれこれ言うことはするべきではないと思います。

そこで、美味しんぼ全体の歴史を振り返り、何故美味しんぼが福島のことを描いているのか、今回のシリーズはどのような流れだったのかを見ていきたいと思います。

なお、美味しんぼの第○話という表記は雑誌掲載時のものです。単行本では全て1巻ごとに「1話」「2話」と付け直されています。さらに複数回に渡る話では「2話その1」「2話その2」と表記されます。今回の「福島の真実」編は第604話にあたり、それがその24までの24回に渡って掲載されたものです。以降の表記では、「福島の真実」編以外では単行本何巻何話と記載しています。

●「日本全県味巡り」からドキュメンタリー志向になった

多くの方が美味しんぼは山岡士郎の「究極のメニュー」と海原雄山の「至高のメニュー」の対決の物語と思っていることでしょう。それは間違いではありませんが、正確とも言えません。

この対決は15巻1話「究極VS至高」から始まりました。それまでにも山岡vs海原の料理対決はあったのですが、山岡の勤める東西新聞のライバル、帝都新聞が至高のメニューを開始したのが15巻だったのです。

ちなみに究極のメニューは1巻1話「豆腐と水」から登場します。東西新聞100周年記念事業として、後世に残す文化遺産としてのメニューを作るという目的で始まりました。そのためのテストが豆腐と水の味比べであり、合格したのが山岡と栗田だったのです。

この対決は、47巻3話「結婚披露宴」における山岡と栗田の結婚披露宴で、究極のメニューと至高のメニューの完成発表会として一区切りします。ここまでで27回戦ありました。

ここで、金上社長という美味しんぼ史上最悪の強敵が現れます。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

注目の商品