今注目のアプリ、書籍をレビュー

「ウルトラマン」はもう福島県民ってことで。“ウルトラマン空港”予言的中『福島のおきて』

2014年12月19日 10時50分

ライター情報:島影真奈美

このエントリーをはてなブックマークに追加

『福島のおきて フクシマを楽しむための51のおきて』(編者:福島県地位向上委員会 、構成:オグマナオト/アース・スター エンターテイメント)

[拡大写真]

生まれも育ちも宮城県仙台市。でも、父親が福島県会津若松出身で、盆暮れ正月は会津にある祖父の家で過ごした。小学校の遠足は旧・常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)だし、修学旅行も福島。父親に教えこまれた民謡「会津磐梯山」は今もソラで歌える。

そんな私にとって、福島県の生活習慣や名物、気質などを集めた『福島のおきて』は、なつかしい“あるあるネタ”が盛りだくさんな一冊だった。祖父の家には【福島のおきて22:実家には「赤べこ」「起き上がり小法師」「三春駒」のどれかがある】どころか全部あった。生まれて初めて買ったレコードは【福島のおきて30:福島県のアイドル的存在「白虎隊」】に登場する年末時代劇の主題歌、堀内孝雄が歌う『愛しき日々』のシングルだったなどという、どうでもいい記憶までよみがえる。お年玉握りしめてレコード店に直行しましたっけね……。

この本を読んで初めて知ったこともたくさんあった。
【福島のおきて31:「ウルトラマン」はもう福島県民ってことにしたい】によると、ウルトラマンの生みの親であり、特撮の神様と呼ばれた円谷英二監督は福島県須賀川市出身。“須賀川市のウルトラマンへの傾倒っぷりはすさまじい”が、他の市町村や県の主要スポットも負けてない。福島空港でもウルトラマンが活躍しているという。福島空港のサイトを見て、驚いた。

“福島空港には毎月、ウルトラヒーローがやってくるよ!
大好きなウルトラヒーローが来る日をチェックして、福島空港に会いに行こう!”

福島空港ウルトライベント情報より)

ものすごく本気だ。国内線チケットロビーには実際の撮影で使用された特捜車両ゼレットがウルトラマンダイナとともに展示され、2F国内線出発ロビーには高さ3mを超えるウルトラマンがそびえたつ。窓にはウルトラマンや怪獣のシルエット。ハンドルを回すとウルトラマンがバルタン星人にスペシウム光線を発射する「手回し発電体験模型」もある。

ウルトラマンメビウスとウルトラマンガイアが握手・撮影会をしたかと思えば、ウルトラマンダイナが空港内をパトロール。ウルトラの母とブースコ(怪獣ブースカの彼女)まで遊びにくる。謎のウルトラ女子会!

しかも、【福島のおきて21:県民に愛される2大地方新聞「福島民報」と「福島民友」】が揃って報じたニュースによると「県は、福島空港の愛称を『ウルトラマン空港』とする方向で検討に入る」らしい。

ライター情報

島影真奈美

ライター&編集。共著に『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』シリーズ(扶桑社)。モテ・非モテ問題から資産運用まで幅広いジャンルを手がける。特技:爆読

URL:Twitter:@babakikaku_s

注目の商品