今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

プロを目指す文章講座で本当に読まれている必読書10冊

2016年2月24日 09時50分 ライター情報:米光一成
宣伝会議「編集ライター養成講座 上級コース」の専任講師をやっている。
実践の講座なので、基礎的な知識や考え方は、毎回の課題図書で学んでもらう。
そのなかで多くの受講生に「読んでよかった」と評価された本を紹介しよう。

文章を書くための基礎体力をつけるために読むべき10冊だ。

■野口悠紀雄『「超」文章法』(中公新書)

プロのライターだからといって名文を書く必要はない。
それ以上に必要なものは、内容だ。
野口悠紀雄『「超」文章法』の第1章のタイトルは“メッセージこそ重要だ”
メッセージというのは「読者にどうしても伝えたい内容」のこと。
そして、
“文章を書く作業の出発点は、メッセージの明確化である”
“文章が成功するかどうかは、八割方メッセージの内容に依存している”
と野口悠紀雄は説く。

メッセージ以外の文章の「見かけ」は二割以下のウェイトしかなく、「化粧」でしかないと記す。

この本は、「どうすればメッセージが見つかるか?」についても丁寧に答えている。
ただしそれは、(当然なのだが)“考え抜くしかない”という身も蓋もないものだ。
“考えぬける環境を整備することが重要”
“対話の過程でメッセージが見つかることも多い”
“自分の専門分野には、メッセージがあるはずだ”
「伝えたいことをどう書くか」、その方法を順序立てて、しっかり伝えてくる。

■本多勝一『日本語の作文技術』(朝日文庫)

とはいえ、文章の「見かけ」「化粧」にむとんちゃくでいいわけではない。
化粧も、けっこう大切だ。
名文である必要はないが、伝えたいことがしっかり伝わるような文章にするために推敲が必要である。
そのときの基礎となる考えを叩き込むための必読書は、本多勝一『日本語の作文技術』だ。
“目的はただひとつ、読む側にとってわかりやすい文章を書くこと”と断言し、まさに文章技術の基礎論が展開される。
たとえば第二章。
文の修飾・被修飾関係を図解し読みやすく改善する。
凡庸な本なら、この後に「語順に注意しましょう」と警告をつけて終わりだ。
だが、本多勝一はさらに踏み込む。
朝日新聞から同様の例を引いてくる。そして語順をただし論理的な欠陥を修正する。
さらに次章で「では、どうすればわかりやすい語順になるのか」を検証し、たった4つの原則に集約する。
明瞭さ明快さ抜群だ。これを読んだ後は、世の中にはびこるわかりにくい語順をがんがん正して悦に入ってしまう誘惑に抗えない。
第四章は「句読点のうちかた」
テンの打ち方が圧巻(映画ならはやくもクライマックスという感じ)。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品