今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

フジテレビ復活の希望は「日本テレビ」にある 『1989年のテレビっ子』に聞く

2016年3月17日 09時50分 ライター情報:井上マサキ
テレビバラエティの歴史絵巻『1989年のテレビっ子』を上梓した、戸部田誠(てれびのスキマ)さんのインタビュー後編です。なぜ「スキマ」を名乗るようになったのか、1989年のテレビに無くて今のテレビにあるもの、フジテレビ復活の可能性などお聞きします。

インタビュー前編はこちら→あの日「笑っていいとも」が取り戻した“日常” 『1989年のテレビっ子』に聞く
戸部田誠(てれびのスキマ)『1989年のテレビっ子 -たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、その他多くの芸人とテレビマン、そして11歳の僕の青春記』(双葉社)

1週間でバラエティ40時間分


── スキマさんは雑誌やネットなど多くの媒体でテレビに関する記事を書かれていて、普段どのようにテレビを観て記録しているのかとても気になります。

スキマ 以前は全録でもない普通のHDDレコーダーで頑張っていたんですが、いまはSPIDERを導入してすごい楽になりました。SPIDERに全録されたものから、手元に残したいものをピックアップして吸い出すようにしています。バラエティだけでも1週間で40時間分くらい保存してますね。ドラマも1クールに5〜6本見ています。どんな番組でも一度観たら保存しないと気が済まないんです。

── 「あの番組であの人があれを言っていた」というのは覚えているものですか?

スキマ 記憶力が無いんで、覚えてないんです。僕がTwitterを始めた理由が「いつ誰が何をいったかメモするため」なんですよ。Twitterにセリフとかを実況で書いているのはメモ用で、何かを書く時はTwitterを検索して録画を見返しています。最終的にはExcelに「こういうことをこの時言った」というのを分類していて、『1989年のテレビっ子』だと番組ごとや芸人ごとにエピソードを整理していますね。

フライデー事件が書きたくて


── 執筆活動のきっかけとなったブログてれびのスキマは、どういった経緯で始めたんでしょうか?

スキマ ビートたけしの「フライデー事件」を書きたくて始めたんです。事件について知りたくて『たけし事件─怒りと響き』を読んだら、もうすごい興味深いんですよ。でも、いきなりブログにフライデー事件のことを書いても誰も読まないと思って、ある程度アクセスを集めてから書こうと始めました。

── 確かにブログの最初の記事はタモリさんのまとめですね(2005年8月17日 タモリのマトメ#1(全5回くらい)

スキマ 最初はやっぱりタモリさんだろうと。しばらく経ってからフライデー事件について書いて(ビートたけしとフライデー事件(序))、その後はテレビ番組の内容などを書き残していくようになりました。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品